【食べない健康法】とは

【食べない健康法】とは何かと聞かれれば、それは単なる書籍のタイトルですと答えるのが一番ベターかと思います。

嘘だと思われるのであれば、Amazonや楽天ブックスなどを調べてみて下さい。

「【食べない健康法】、」PHP文庫、石原結實著として、結構売れ筋になっているみたいですよ。

まあもっとも、著者の石原結實先生自体、最近いささか時の人となっている一流司会者が以前やっていたお昼のバラエティーにしばしば出ていましたからね。

この【食べない健康法】という本が出る前から、ちょっとした有名人だったという事も手伝って、よりいっそう支持と話題を集めたのでしょう。

でも、石原先生は、元々かなり本格的に日本人の健康と食生活を考え、研究して来られた方です。

なので、この【食べない健康法】というのは、私たち人間が持つ本来のパワーを非常に巧みに引き出すコツのようなものが潜んでいるんですよね。

 

【食べない健康法】と言えば、今流行の断食ダイエットのように、全く食べない事だと思われる方も少なくないでしょう。

けれど、ダイエットのように一時的なものではなく、健康は永遠のテーマですからね。

どっからどう考えても、全く【食べない健康法】なんていうのは有り得ません。

問題は、日々の食事の取り方や中身な訳で、言われてみれば、今更ながら改めて改善を心見なければいけない事ではないはずなのです。

にも関わらず、覚悟してこの【食べない健康法】に挑む事が必要になる位、我々日本人の食生活は乱れているという事なんですねぇ。

これじゃあ、メタボや成人病が蔓延してもしょうがないってね。

と偉そうな事を言っている私自身、多分この【食べない健康法】を真っ先に実践しなければならない中高年の一人でしょう。

それに、そろそろアンチエイジングも気合いを入れて考えなきゃいけない年だし・・・。

という事で、石原先生の【食べない健康法】という本を手に取ったという訳です。

 

【食べない健康法】という本の著者の石原結實先生は、還暦を過ぎた今も現役で活躍するドクター。

10年以上掛けて、長寿で有名なコーカサスへ研究に行かれた方で、オフィシャルブログも開設しておられます。

ですから、【食べない健康法】ってどんなのだろうとか、本当に効果があるのだろうかとかって思われる方は、是非ご本人のブログを読まれるといいでしょう。

また、それ以外にも、先生の著作物や健康法については、様々なブログやサイトで取り上げられています。

なので、そういう記事を参考に、最終的には【食べない健康法】の書籍に辿り着かれるという形でも全然OKだと思いますが、とにかく一度読んで欲しい本ですね。

酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】のやり方

【食べない健康法】という本もあって、今いささか注目されていますが、そのやり方はどのようなものなのでしょうか。

全く食べない所謂絶食というやつなのか、ちょっと位は食べるプチ断食のようなものなのか・・・。

いずれにせよ、【食べない健康法】という位ですから、そのやり方の基本は食べない事なのでしょうと思われるでしょう。

確かにそう、今の私たちの朝・昼・晩と規則正しく食べましょうという生活を考えると、食べない事もやり方の一つには含まれます。

ただし、一日3食【食べない健康法】だというだけで、そのやり方は絶食や断食とは大きく違うという事を知っておく事が何より大切です。

だって、ダイエットじゃなくて、あくまでも健康法ですからね。

痩せる事を目的とするのではなく、健康維持を目的としたやり方が【食べない健康法】である事は、今更改めて言うまでもないでしょう。

 

【食べない健康法】の基本的なやり方は、一日3食を2食から1食に減らすというもので、至って簡単。

そして、やり方と同じ位ポイントになるのが、食事の中身で、まあよくよく考えてみると、もう随分前から多くのドクターたちが推奨して来た健康法ではあるんですよね。

それをいざ、【食べない健康法】なんて言われると、ぎょっとして構えてしまいますから、やり方も難しいんじゃないか・・・。

個人的には、そんな風に思ってしまう部分が往々にしてあるのではないかとも感じるのですが、そこは心配するでなかれ。

【食べない健康法】のやり方こそが、現代人にフィットしたヘルシーライフなのであります。

その証拠に、誰よりも先にお医者さん達が実践しているそうですからね、忙しく、頭も体もめいっぱい使うドクターに出来て、自分たちに出来ないはずがないでしょう。

つまり、その位【食べない健康法】のやり方そのものはイージーだという事なんですよ、きっとね・・・。

 

【食べない健康法】のやり方は、まず朝食抜き生活を始める事で、それがすっかり定着したところで、出来れば昼食も抜く。

そして、夕食は出来るだけ動物性脂肪やタンパクを押さえ、菜食主義に徹する事が出来れば、もうバッチリでしょう。

あなたは【食べない健康法】のやり方を立派に確立したと言えるそうですよ。

とは言われても、付き合いなどもあって、朝はともかく、昼食抜きや夕食の中身を制限するというやり方はねぇとおっしゃる方も少なくないだろうと思います。

私自身そう思いますし、いくらやり方は簡単であっても、それが原因で【食べない健康法】を継続出来なくなってしまいそうです。

なので、それではいけないと思ってね、取り敢えず昼食を抜ける時は抜くとか、夕食もメニューはともかく、食べる量を減らすというやり方を実践。

健康関連のブログやサイトにも、この【食べない健康法】を日々の生活の中で上手に維持するやり方が載っていますから、そういうのも参考に頑張ってみようと思っています。

酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】の原理

【食べない健康法】というのが今、本なども売れていて、いささか注目を集めていますよね。

えっ、それって、食べないダイエットじゃないの?とかって思われるかも知れませんが、いいえ、ダイエットとは全く原理の異なる健康法です。

というのも、痩せるために実践するものではなく、あくまでも健康維持の原理に基づいて実践するのが【食べない健康法】だからです。

皆さんは、私たち人間の体の食物消化や栄養摂取の原理というのを正しく理解していらっしゃるでしょうか。

もしその原理が正しく理解出来、自分の知識となっていれば、【食べない健康法】にも納得出来るはずですよ。

そして、食べないダイエットとは全く原理が異なるという事も一目瞭然でしょう。

という事で、是非とも私たち人体の原理を知って、【食べない健康法】を理解しましょう。

 

【食べない健康法】の原理は、人間の消化能力に基づいて提唱されています。

だから、ダイエットのように、例え一時的にでも全く食べない断食のような原理は必要としないのです。

前日に食べたものを綺麗に消化吸収してから今日の食べ物を入れて上げましょうというのが【食べない健康法】の原理なんですね。

因みに、私たちの体が完全に消化吸収を行うために必要とする時間は18時間程度ですから、それを経過する前に新たな食物を摂取したらどうなるでしょう。

それを考えようというのが【食べない健康法】であり、人体の消化吸収の原理を重要視している事になるんですね。

前日の夕食が午後7時で、翌日の朝食が午前7時だとすると、生活ペーストしては非常に理想的なのですが、消化吸収の原理からみるとNG。

私たちの内臓は、またそこから18時間働かなければならない訳で、【食べない健康法】を考えてくれ〜っと叫んでいるかも知れませんよ。

 

【食べない健康法】の原理は、消化吸収の原理に実によくかなっています。

だからこそ、多くのドクターが推奨するのだろうと思いますし、私たちも是非取り入れた方がいいのではないかと言えますね。

ただ、【食べない健康法】だの、消化吸収の原理だのと余り拘り過ぎると、ストレスが溜まって、逆に体調不良に陥るかも知れません。

それに、モーニングやランチを提供している飲食店の商売繁盛の原理に物申す事にもなりそう。

なので、あくまでもほどほどに【食べない健康法】を捕らえる事も大事だろうと考えます。

ただ、こうした私たち人体の消化吸収の原理を知っておく事は、健康維持を願うのであれば、必要不可欠な事。

【食べない健康法】の意味とともに、改めて関連のブログやサイトで学習してみられるといいのではないでしょうか。

酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】は半日断食

【食べない健康法】は断食とは違うと言われますが、私はそうは思いません。

だって、断食というのはそもそも、一定の時間食物摂取を絶つ事な訳じゃないですか。

という事はですね、一日1食とか2食とかしか食事をしないという【食べない健康法】は、そこに一定時間の断食を伴う訳ですよ。

もっともっと分かり安く言えば、毎日毎日が半日断食の日々だと思う訳。

だからこそ、内蔵を休める事が出来るとか、空腹による免疫力を高めるなどの【食べない健康法】の効果が出るのだろうと考えます。

それに、ダイエットのための断食というのは、少なくとも3日、長ければ1週間位頑張らないと効果も結果も見えない訳でしょう。

それに比べ、【食べない健康法】は半日断食で済むんだから、楽っちゃ楽なのかも知れませんね。

 

【食べない健康法】は連日連夜断食で苦しめられる訳ではありません。

まあね、毎日毎日半日断食を繰り返すような原理だから、慣れるまでは大変だろうとは思います。

でも、今断食をしていても、夜になったら食事にありつけるというのが【食べない健康法】。

それこそ日々の習慣の問題であって、徐々に心身ともに慣れて来るでしょう。

そうすれば、【食べない健康法】は当たり前の日常生活に組み込まれ、断食をしているという感覚はなくなるものと予測されます。

元々朝寝坊の人なら、朝食抜きなんていうのは当たり前の生活スタイルであって、それを断食しているなんて思っている人はいないでしょう。

それに、朝は怠いから食べたくないと言う人も結構多くて、それはもうすでに【食べない健康法】を実践していると言っていいのかも知れませんよ。

そこに食べたくても我慢するという断食との感覚の差が大きく現れている訳です。

なので、【食べない健康法】は断食とは全く異なると言い切られる専門家のおっしゃる事は確かに正しいと言えますね。

 

【食べない健康法】は断食が体にいい事からも、ヘルシーライフを送る上では重要なポイントになるものと考えられます。

ほら、頻繁に断食し、普段から粗食生活を送っているお寺の和尚さんとかお坊さんていうのは、とにかく皆さん顔色も肌つやもめっちゃいいじゃないですか。

正しく健康そのものという感じで、それが自然に出来ない我々凡人は、意識して【食べない健康法】を取り入れる必要があるのかも知れませんよ。

という事で、まずは面白半分に半日断食をやる感覚で始めてみられてはいかがでしょうか。

それで辛かったらやめればいいだけだし・・・って、やめちゃ駄目なんですけどね。

まあ本格的な断食と違って、比較的容易にトライ出来るのが【食べない健康法】、関連のブログやサイトでやり方などを調べてみられるといいと思いますよ。

発毛剤ランキング ミノキシジル注射 酵素ドリンクダイエット

空腹がパワーとなる【食べない健康法】

【食べない健康法】は空腹との戦いなのかと言いますとですね、まあ確かに、最初はそうなるかも知れません。

特に一日3食きちんと食べて健康ライフを送っていると思われている方には、よりいっそう空腹感が強まるかも・・・。

でも、【食べない健康法】は実際にやってみると、意外にイージーで、空腹との戦いという感じはあまりないという人も少なくありません。

特に忙しい人の場合だと、なんとなく空腹を感じながらも、食事を取らないまま時間だけがたってしまうっていう事も珍しくないでしょう。

だとしたら、もうすでにそれは【食べない健康法】を実践しているようなものですから、それを忙しくない日にもやればいいだけなのです。

ただ、私たち人間は実に困った生き物で、退屈になると妙に空腹を痛感しちゃうものなんですよねぇ。

結果、毎日きちんと【食べない健康法】を継続するというのが難しくなって来るのでしょう。

 

【食べない健康法】の原理は、空腹が私たちの身体を元気にするというもの。

長年私たち日本人は、食べる事でパワーと元気を得られるように考えて来ましたから、そういう意味ではねぇ。

空腹が元気をもたらすというのは、ちょっと納得出来ないらしく、この【食べない健康法】に物申したいとおっしゃる方も少なくありません。

けれど、我々人間の体は、ピンチになるとパワーアップするように作られていて、空腹こそがそのピンチなのであります。

つまり、【食べない健康法】によって空腹を意識的に作り出す事で、免疫力などの強化が大いに期待出来るという訳ですね。

それに、空腹を紛らわすべく、何かに一生懸命没頭出来るかも知れませんよ。

そして、仕事や勉強で新たな成果が上げられれば、それもまた【食べない健康法】の効果の一つと言えるでしょう。

まあもっとも、昔から腹が減っては戦が出来ないなんて言われて、空腹が頭の回転や体の動きを悪くするという事も考えられるのは考えられます。

だけど、それはやっぱ慣れの問題なので、空腹を心配するより先、まずは【食べない健康法】をやってみる事が大事なのでは無いかと私は思いますね。

 

【食べない健康法】は基本的に朝食や昼食を抜くもので、夕食を抜く訳ではありませんからね。

空腹で夜眠れないという事もないだろうし、そういう意味では、ダイエットとしてもとってもやりやすいんじゃないかと思いますよ。

確かに【食べない健康法】はダイエットとは違いますが、それでも空腹を意識的に作り出すという事は、多少なりとも痩せられるものと考えられます。

ダイエットは辛いし、あまりやりたくないけど、健康維持は多くの人がやりたがるものですから、それこそ物は考えようというやつでしょう。

という事で、空腹がパワーを生み出す不思議な【食べない健康法】、気になる方は一度、関連のブログやサイトでやり方などを調べて見られるといいのではないでしょうか。

酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】とサーチュイン遺伝子

【食べない健康法】についての本が色々な学者や医者から出版されていますよね。

「人は食べるから病気になる」なんて直球で大胆なタイトルの本も出ていますが、【食べない健康法】が気になる人なら一度は手にとって見たことがあるかもしれません。

特にその名もズバリ「【食べない健康法】」という本は、健康本の中でも上位にランクインしていたこともあるんです。

【食べない健康法】自体は何年も前から、しかも色々な国で実践されてきました。

でも、日本で注目されるようになったのは、【食べない健康法】により活性化が期待できるサーチュイン遺伝子というものが発見、発表されたからなんです。

サーチュイン遺伝子なんて、耳慣れない言葉ですよね。

サーチュイン遺伝子は体が飢餓の危機を感じたときだけ活性化する遺伝子なので、【食べない健康法】はこの遺伝子を活性化させるのに一役買っていると言われているんです。

 

【食べない健康法】では、1日の食事は1回から2回で十分とされています。

普段当たり前に3食食べている人には、食事の回数を減らすことは拷問に近いかもしれませんね。

しかし、1日3食【食べない健康法】を実践した際に生まれやすくなる空腹感が、サーチュイン遺伝子を覚醒させるというわけなんです。

人はお腹がものすごい空くと、サーチュイン遺伝子が活性化して体内にある少ないカロリーで健康を維持しようとするんです。

現代人は食べ過ぎの傾向があるので、そういう人のサーチュイン遺伝子は常に眠っている状態になりますが、【食べない健康法】をしていれば活性化した遺伝子が増えるんです。

【食べない健康法】を数週間実践した人と、そうでない人の血液中のサーチュイン遺伝子を調べる実験も行われました。

結果、【食べない健康法】をした人は何倍も多くのサーチュイン遺伝子が見つかったそうです。

 

【食べない健康法】で活性化されるサーチュイン遺伝子。

アンチエイジング効果のほか免疫力を上げたり、ボケや生活習慣病を抑制したり、ガンを予防する効果もあるんです。

【食べない健康法】で食事の回数を減らすだけでも痩せそうですが、サーチュイン遺伝子の活性化でダイエット効果も期待で着ちゃうんですよ。

こんなに効果があるので、【食べない健康法】が注目されるのもうなずけますよね。

腹八分目という言葉は、食べ過ぎで気持ち悪くならないようにという意味かと思いきや、実は【食べない健康法】のことだったのかもしれませんね。

【食べない健康法】によって活性化されるサーチュイン遺伝子の詳しい働きなどについて気になる人はインターネットで調べてみるといいですよ。

酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】と必要栄養摂取量

【食べない健康法】がメディアで紹介されてから、電車の中吊り広告やインターネットなどで見て言葉は知っているけど、という人も多いと思います。

【食べない健康法】はどうやら食事の回数を減らすだけで健康になるらしいということは簡単に想像することができるでしょう。

でも、【食べない健康法】をするにあたって、栄養面で心配されている人が多いのも事実のようです。

学校の家庭科の授業でも、1回あたりの食事で何キロカロリー、3食合わせて何キロカロリー摂取するようにと習いましたよね。

その内の1食または2食がなくなってしまう【食べない健康法】では、1日に必要な栄養が摂れなさそうですよね。

【食べない健康法】では栄養が不足しそうなのに、本当にこれで健康になれるのでしょうか。

 

【食べない健康法】で食事を減らすにはワケがあります。

西洋の食文化の影響を受けた現代人は、食べ過ぎの傾向があると言われています。

家庭科でどれだけのカロリーが1日に必要なのか習ったはずなのに、ほとんどの人はそのカロリー量を大幅に超過しているので、【食べない健康法】が注目されているんです。

【食べない健康法】は、断食や絶食のように全く食事をしないというわけではなく、必要な栄養は摂り、余計なものは食べないということなんですね。

しかし、現代人はビタミンやミネラルなど本来必要とする栄養が普段の食事からは摂りにくいと言われていますよね。

だから、【食べない健康法】を実践するのであれば、栄養の摂れる食事を心がけるなど食生活を改善する必要もあるんです。

それにはただ食事の回数を減らすのではなく、【食べない健康法】についてインターネットで少し詳しく調べてみるといいでしょう。

 

「【食べない健康法】」という石原医師の書いた本には、減らした食事分の栄養を補うためのレシピが紹介されています。

生姜紅茶や人参リンゴジュースなどが代表的な例ですが、特に1日1食しか【食べない健康法】を実施する場合には栄養補給の方法として参考になるでしょう。

他にも少量でしっかりと栄養補給できる方法がブログやサイトで紹介されていますので、【食べない健康法】に興味がある方は合わせてチェックすることをお勧めします。

【食べない健康法】を始めるに当たって気をつけたいのがミネラル、水分、糖分の補給です。

栄養面の知識もなく安易に食事の回数を減らすと、逆に不健康になってしまう恐れも。

【食べない健康法】を実践する際にはカロリーに気をつけるとともに、必要な栄養をバランスよく摂ることを心がけましょう。

また、それぞれの運動量によっても必要なカロリーや栄養量は異なりますので、【食べない健康法】を始める際には注意してくださいね。

酵素ドリンクダイエット 発毛剤ランキング ミノキシジル注射

【食べない健康法】とカロリー制限

【食べない健康法】という本がメディアで取り上げられ、話題になりました。

石原結實さんという人が書いているこの【食べない健康法】という本、タイトルだけ見たらなんだか断食の本みたいですよね。

少し前にお寺に合宿して断食などをして痩せるというダイエット法がはやったことがありました。

でもこの【食べない健康法】に書かれているのはそういうことではないようです。

1日3食というのは健康的な食生活の代名詞のようになっていますが、【食べない健康法】はそんな今までの常識をバッサリと斬ってしまっているんです。

早い話が、【食べない健康法】では1日2食または1食でも全然OK。

逆にその方が健康になりますよ、ということを【食べない健康法】では言っているんですね。

 

【食べない健康法】では特に朝食を抜くのが効果的といわれているようです。

この【食べない健康法】のコンセプトは、朝は1日のエネルギー源になるのでどの食事よりもしっかりと食べた方がいいという常識のまさに逆をいっていますよね。

【食べない健康法】によると、お腹が空いてぐーっとお腹がなってしまうくらいになると、健康になる遺伝子がざわざわと動き出すんだそうです。

だからもう寝るだけで空腹を感じることのない夕食を抜くよりも、活動で空腹を感じやすくなる朝や昼の食事を抜いた方が効果的だと【食べない健康法】は言っているんですね。

私の場合、朝食を食べた日の方が食べてない日よりも早く空腹を感じやすいんですが、それは胃袋が食事で覚醒されるからでしょうか。

だとしたら昼食を【食べない健康法】の方が私にはあっているのかもしれません。

 

【食べない健康法】の原点は、1日のカロリー摂取量にあるようです。

現代の食生活ではカロリーを過剰に摂取しがちなので、1食や2食抜いても十分1日のカロリー摂取量は取れているはずと【食べない健康法】は言ってるんですね。

アメリカなどでもカロリー制限をしたサルと無制限で好きなだけ食べさせたサルで健康状態を比べる実験が行われました。

結果、カロリー制限をしたサルの方が健康状態は良好、肌や毛並みのエイジングもスローなうえ長生きしたということで、【食べない健康法】を裏付ける形となったんです。

【食べない健康法】にのっとってカロリー制限をすれば、高血圧や心臓病などの生活習慣病の予防につながります。

それだけではなく、【食べない健康法】は免疫力を上げたり、ガンのリスクを下げたりする他、ボケ防止や美肌効果も期待できちゃうんです。

1食分で摂取するべきカロリーを気にしながら3食摂るよりも、丸々1、2食抜いてしまうこの【食べない健康法】なら、意外と始めやすいかもしれないですね。

人気ドッグフードランキング 酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】のデトックス効果

【食べない健康法】がいま、注目されていますよね。

デトックスという言葉もすっかりおなじみになりましたが、【食べない健康法】はこのデトックス効果もあると言われているんですよ。

ちなみにデトックスは解毒するという意味ですが、薬物やアルコール以外でも体内の有害物質や不要物を取り除くという意味でも用いられます。

【食べない健康法】はこの後者である排泄促進効果が高いといわれているんですね。

普通、食べなければ排泄するものもないと思いがちですが、【食べない健康法】では食べないからこそ、排泄にエネルギーが回りやすいというんです。

確かに、忙しくて毎食摂れていなかったときでもちゃんと排便があって、食べてないのに出るものは出るんだなと不思議に思ったことがあります。

断食は究極のデトックスと言われますが、【食べない健康法】も断食に準じたところがあるので、効果が期待できるというわけなんですね。

 

【食べない健康法】は断食のように全く食事をしないというものではありません。

むしろ、【食べない健康法】では体が必要な栄養はきちんと摂った方がいいんです。

【食べない健康法】で大切なのは、必要なものは摂り、不要なものは摂らないという考え方なんですね。

デトックスは体内の不要物を排出することなので、体が必要としないものを【食べない健康法】は理にかなっているといえますよね。

人の内臓にはもともとデトックスする作用があって、食べ物が体内に入ると内臓はデトックスも含めて色々な仕事を始めます。

食べ過ぎると内臓に負担がかかるのでデトックス作用があまり働かなくなるため、【食べない健康法】で1日の食事の回数を減らして内臓を休ませるのがいいんですね。

 

【食べない健康法】で休ませた内蔵は、老廃物の排出、いわゆるデトックスに力を入れられるようになります。

【食べない健康法】によって体内に食べ物が少ない状態なので、内臓は消化活動にそれほどエネルギーを使わずにすむんですね。

【食べない健康法】によるデトックス効果で血液もサラサラになるので、健康になるだけでなく自然治癒力も向上すると言われています。

身体の中がキレイになれば、ガンや生活習慣病など色々な病気の予防や症状の改善につながります。

【食べない健康法】で促進されるデトックス効果により期待できるメリットは数え切れません。

食事を抜くのは不健康という固定観念を捨てて、【食べない健康法】にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【食べない健康法】の詳しいやり方については色々なサイトやブログで紹介されていますので、参考にしてみてくださいね。

酵素ドリンクダイエット

【食べない健康法】と適度な運動

【食べない健康法】に関する本が色々出ていますが、もう試された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

日本人はキャベツダイエットやバナナダイエットなどもそうですが、効果があるとテレビで紹介されるとすぐに飛びつきたくなる人種ですよね。

 

【食べない健康法】もその例外ではない証拠に、石原先生の「【食べない健康法】」という本はベストセラーになっています。

 

【食べない健康法】が周知されたのは最近ですが、この石原先生は30年も前からこの健康法を提唱していたそうです。

 

海外でも断食、絶食のような【食べない健康法】が実践されている民族や宗教がありますが、これらはもうずーっと昔から伝えられている習慣。

 

【食べない健康法】はそれだけ歴史があるのですが、医学的に認められるようになったのは最近のことなんですね。

 

 

 

【食べない健康法】を実践すると、生活習慣病やガンの予防、アンチエイジング効果が得られると言われています。

 

お金もかからず、手軽にできるので安易に【食べない健康法】を始める人も多いようです。

 

特に若い女性は【食べない健康法】にダイエット効果を期待して始める傾向がありますね。

 

確かに、1日の食事の回数を減らせば体重もそれだけ減らすことができるでしょう。

 

でも、【食べない健康法】をきちんと理解していないと逆に体調を崩してしまいかねません。

 

【食べない健康法】を正しく実践するには、1日に必要な栄養をきちんと摂ることと適度な運動をすることが大切なんです。

 

体重の4割超は筋肉が占めていることからも、適度な運動を【食べない健康法】にプラスすることが大事なのも頷けますよね。

 

 

 

【食べない健康法】には先に述べたように病気の予防や血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

血液がドロドロになって起こる動脈硬化などの生活習慣病やガンの一番の原因は食べすぎ、2番目は運動不足だと言われています。

 

だから【食べない健康法】と運動を組み合わせることで、より健康な体を作ることができるんですね。

 

食べすぎと運動不足は太る原因の上位も占めています。

 

より効果的に、早く痩せたいと思うのなら、やはり運動と【食べない健康法】を合わせて行った方がいいんです。

 

実際に、ダイエットに成功したという人の多くは運動と【食べない健康法】を同時に行ったというアンケート結果も出ています。

 

 

いくら【食べない健康法】に沢山の効果があるといっても、それだけに頼るのではなく、適度な運動も行ってバランスの取れた健康を手に入れたいですね。

酵素ドリンクダイエット