効果的な腹筋ダイエット

 

ダイエット効果は、腹筋を就寝前に100回しても疲れるだけであまりありません。回数をこなしても消費エネルギーには大差ありません。10回の腹筋を続ける方がよほど意味があります。腹筋では、まず両膝を立てて仰向けになり、手は耳の横に添えて腹の力だけで身を起こします。この姿勢で、腹部を覗き込むような姿勢になるよう上半身を持ち上げるだけでも、腹筋ダイエットになります。これより高い位置まで上半身を起こそうとする場合、使う筋肉は腹筋ではなく太ももの筋肉です。また、上半身を床に戻す時はいきなり戻すのではなく、静かな動作で戻していきます。腹筋ダイエットは体に負荷をかけすぎずにダイエットができます。体脂肪を減らすには有酸素運動をしなければなりませんが、エネルギー消費量は意外と少ないのです。1時間みっちり有酸素運動をしても200キロカロリーぐらいしか消費しません。腹筋ダイエットを行うのと並行して食生活の見直しをすることも重要です。揚げ物、炒め物など油を大量に使った料理、アルコール類、スナック菓子、インスタント食品、レトルト食品、清涼飲料水などを頻繁にとる食生活を改善する必要があります。毎日の腹筋と食事の見直しで、健康的なダイエットが期待できます。毎日の腹筋の他にも、ダイエットに効果的な成分を含むサプリメントの摂取や生活習慣の見直しなども体重を減らすことに一役買います。

軽くて簡単な腹筋ダイエット

 

腹筋ダイエットと聞くと、スポーツ選手でなければできないような厳しいトレーニングを連想しがちです。ですが、ダイエットを目的とした腹筋ならごく簡単なものです。運動能力や体力が十分でなくてもできる腹筋ダイエットはいくつかあります。10回~20回を1単位に、膝を曲げての腹筋もその一つです。椅子とテーブルにやや距離を取って、椅子に座って足を組みます。そして5回~10回、膝頭をゆっくりと胸につけます。寝る前にやっておくと血の巡りが良くなって爽快な目覚めができる運動もお勧めです。仰向けになって、両膝を胸の辺りまで抱え込むという運動を5回~10回ほど繰り返してください。背筋を伸ばす習慣をつけることでスタイルも向上し筋肉も強化されます。その際、腹筋に力を入れるように意識しましょう。背中を屈めると腹もたるみが目立つようになります。だらしない姿勢で着座していると、お腹のたるみが目につきます。お腹に力を入れて、腹筋を鍛えるようなイメージで背中を伸ばしてしられるように気をつけてください。掃除機を使う腹筋ダイエットもあります。腰を落として作業します。お腹の筋肉が鍛えられます。いずれの方法であれ、日々習慣化して行うことが重要です。体に無理のかかるようなトレーニングメニューは控えて、少し楽なくらいに留めましょう。その方が、習慣にして続けることができるようになります。本来ならばしない方法ですが、腹筋運動をする時に両手を使って起きてもいいでしょう。基本形からは外れていますが、無理をかけるよりはずっといい方法です。軽い運動でも毎日実践することが、腹筋ダイエットでは重要なことなのです。

安くて簡単な腹筋ダイエット

 

腹筋ダイエットではダイエットにならないと思っている人がいるようです。そういう人は、腹筋運動はお腹が強化されるので細くなりにくいと考えています。毎日の腹筋ではお腹に蓄積された体脂肪が減り、筋肉がつくようになります。実際には正しい腹筋運動を毎日行うことにより、お腹周りの皮下脂肪を落としやすい体質になります。腹回りの脂肪は、腹筋運動によって代謝しやすい状態になります。適度な有酸素運動と腹筋運動を並行して行うことで、効率的なダイエット効果が期待できます。どうして腹筋がダイエットにいいのか、腹筋でのダイエットは知っている人が多くてもなぜダイエットができるかはわかりにくようです。脂肪を代謝させるというより、筋肉を鍛えるという考え方が前面に出ているものが腹筋ダイエットです。腹筋によって脂肪を燃やすという直接的な方法だけでなく、腹筋を強化して腹部の代謝を促進し脂肪を減らしていきます。筋肉トレーニングですので、回数を増やせばすぐに効果が出るというものではありません。毎日、10回から20回ぐらい続けるようにしてください。一気に100回も200回も腹筋をしてもダイエットが前倒しになるわけではなく、健康を損なう可能性もあります。特に女性は卵巣や子宮を衝撃から守るために皮下脂肪がつきやすい体質になっています。腹筋ダイエットをコツコツと続けることで、スリムなお腹を目指していきましょう。