短期ダイエットを成功させるポイント

ダイエットで短期間に体重を減らしたいという女性は、水着を着たい、好きな人と会う予定があるという直接的な理由があることもあります。ダイエット番組や雑誌の記事でダイエットにいい食事や器具の存在を知ると、即座に買いに行って新たなダイエットをするという方もいます。

中には、健康的な体型であるにも関わらずダイエットに熱心な人もいます。メディアに煽動され、ダイエットが必要だと思いこまされている人もいるようです。ダイエットに関わるグッズや商品を売っている会社は、ダイエットをもり立てた方が自社の利益になります。

会社の食い物にされないよう、ダイエットをすることが自身に有益になるかどうか結論を出してからとり組むといいでしょう。BMI指数はケトレ指数ともいい、現在の自分の肥満度を客観的に知る上での指針となる数字です。BMI指数=体重÷身長÷身長という計算で指数を出すことができます。 BMI指数は体内に含まれる脂肪の割合を判定します。

40以上のBMIは肥満度4となります。35~40なら肥満度3、30~35が肥満度2です。肥満度1は25~30で、普通は18.5~25の範囲におさまります。次の日は水分以外のものを口にしないようにします。最後の日は、おかゆだけを食べます。短期ダイエットで体に負担をかけすぎて病気になってしまったり、美観を損ねるほど痩せてしまうようなことは要注意です。長期間のダイエットか短期間のダイエットかのみで効果が出ることはありません。短期ダイエットにとり組む時は、自身の状況を客観的に捉えた上で適切なダイエットができているかどうかが大事です。

短期ダイエットの方法

短期ダイエットを行うために食事制限だけをしていると、体が飢餓状態になって筋肉が落ちてしまいます。リバウンドを招いてしまうこともあります。リバウンドしないためには、ダイエットと並行して筋肉を鍛える体操や運動を行わなければなりません。

短期間のダイエットで脂肪を燃焼させることができたとしても、リバウンドで体重が戻ってしまってはせっせとダイエットの努力をしたかいがありません。短期ダイエットに関する知識を得ておくことで、リバウンドのない、体への負担の少ないダイエットが可能です。短期ダイエットには色々な取り組み方がありますが、減量によるダイエットをする人が多いようです。断食によるダイエットも広く知られていますが、長く行わず、ほんの何日かという期間だけのダイエットにする必要があります。

断食といっても、行者のような厳しい断食ではありません。最初の日に食事を減らして次の日を待ちます。水は多めに飲んでもいいですが、食べる量は半量を心がけるようにして、よく噛んで食べます。次の日は水分以外のものを口にしないようにします。最後の日は、おかゆだけを食べます。短期間の断食なので、プチ断食と名付けられているダイエットです。プチ断食ダイエットにはこれ以外にも方法が知られています。一週間スープだけダイエットという方法も存在しています。ドラッグストアなどで売られているカロリーの少ない食事をとるなどの方法があります。

短期ダイエットとは

ダイエットにとり組む人に人気があるのが、短期で行うダイエットです。短期ダイエットとは、目標体重に到達するまでの日数を一週間程度に設定するものです。1週間~10日くらいが短期ダイエットをする時の期間であり、ダイエット期間が短いという点では一致しています。短い期間内でのダイエットをすることになるため、内容がハードなものが多く、誤った方法を行うと健康を損なってしまう場合もあります。

ダイエットを短期でやろうとする理由には、水着を着る機会や結婚式やパーティなど人前に出る日が近いということかあります。短期間ダイエットにはいろいろなものがありますが、短い間に成功させるには長期間行わない方がよいとされているような内容もあります。食事抜きのダイエットは、体への負荷が大きく健康を損ないがちです。

短期間でダイエットに成功した場合、痩せた体型を保つのにわずか数日といわれています。心身共に大変な思いをするのが短期ダイエットの特徴です。せっかく減らした体重をいかにキープできるかが、ダイエットが成功か失敗かを分けることになります。ダイエットに短期でとり組んだなら、すぐに元通りの食事にするとカロリーが多すぎるはずです。身体が短期ダイエットに適応しつつある時に今まで通りの食生活に戻せば、エネルギーの吸収率が高くなります。ダイエットが終わってから体重を無闇に増やさないことが、短期間ダイエットを成功させるための重要なところです。