タグ別アーカイブ: 発泡酒

【発泡酒】価格

【発泡酒】はとても人気があり、その秘密はやはり、通常のビールと比べて圧倒的に価格が安いところでしょう。

日本の酒税法で定義されている酒類が【発泡酒】で、日本における、ビール風味の発泡アルコール飲料を指します。

日本の酒税法でビールと区別して定義されているのが【発泡酒】であり、定められた副原料以外を用いることで分類されています。

気になるのは【発泡酒】の価格ですが、ビールの希望小売価格が218円であるのに対し、135円となっています。

また、多くの酒類ディスカウントストアでは、350ml缶の【発泡酒】の価格は、1本わずか百円程度です。

また、24本入りのケースになると、【発泡酒】の価格は1本百円を割ることも少なくなく、非常にリーズナブルです。

そして、ビールと【発泡酒】の酒税は大きく異なり、ビールの77.7円に対して36.75円と約41円もの差があります。

 

【発泡酒】は、麦芽を25%程度しか含んでおらず、大麦や糖類を加えて飲みやすい味に調製しているのが特徴です。

メーカー各社は缶ラベル印刷や包装などの細かな費用を徹底して切り詰めており、その辺も【発泡酒】の価格に反映しています。

原材料費を推定すると、ビールが約39円に対して、【発泡酒】は約27円となっていて、その辺にも価格の影響が出ています。

限界利益を見ると、【発泡酒】の価格は135円となっているので、限界利益は約30円と推定されています。

酒税と原材料費を加えても、ビールと【発泡酒】の差は約68円で、残りの20円はどこかから捻出されていることになります。

店頭価格で【発泡酒】の価格が1本95円だとすると、メーカー出荷価格94円との差はわずか1円でしかなく、利益はほとんどありません。

低価格の原資は【発泡酒】のメーカーのリベートしかないことを示しいていて、メーカーにとっては少ないメリットです。

 

【発泡酒】は、30円の限界利益からリベート代、人件費、販売管理費を除くと利益はほとんど残りません。

【発泡酒】の価格競争による値下げは、結果的に増税の口実を提供することになり、メーカーにとっては無意味な消耗戦となりました。

2008年は、原油高騰で価格が上がるという出来事がありましたが、【発泡酒】の価格は依然安くなっています。

新ジャンルにおされたり、プレミアムビールの流行ということもあって、【発泡酒】の価格はさらに安くなっています。

【発泡酒】の価格は様々で、コンビニだと高くなりますが、近所のスーパーだとかなり安く買えます。

近所のスーパーの場合、【発泡酒】の価格は大瓶が298円、新ジャンル缶500mlが155円、500mlの缶ビール6缶パックが1,458円と激安です。

酵素ドリンクダイエット