断食ダイエットのリバウンドを防ぐ

 

断食ダイエットは、リバウンドしやすいダイエット方法の1つです。ダイエットと断食に関する予備知識を持って、リバウンドにならない工夫をしておきたいものです。断食で低下するのは体重だけでなく、筋力や体力も断食前に比べると悪くなっているようです。体力が低下しているところで一気食いをすると、これまで食事を摂っていなかった胃袋が驚いて、胃が痛むといった状況も起こりえます。断食後の回復食に何を食べるかはよく検討してください。何も考えずに前のままの食事を摂っては、せっかくの断食がムダに終わることもあるといいます。消化のいいおかゆやスープなどの回復食を断食後に口にすることで、徐々に体を今までの状態に戻していくプロセスが断食ダイエットでは大事です。断食ダイエットを3日間行ったら回復食は3日間食べるとして、同じ日数で食事メニューを組むようにしましょう。数日かかる断食を行ったなら、回復食を段階的に増やしていくことで少しずつ元通りの食事量に戻せるようにしていきましょう。回復食を1日続けていると、もう翌日からは食べたい物を食べてもいいのではないかという人もいます。ですが、最後まで気を抜かずに回復食で体を戻していかなければ、せっかくのダイエットがリバウンドしてしまいます。回復食の期間が終わってからも、数日は脂っこいものは避け茹で野菜やうどんなどの消化のよいものを食べるように心がけることも、断食ダイエットを成功させるためのポイントです。断食ダイエットは適切な方法で行えばダイエット効果も高く、手軽に取り組めるいいダイエット方法ではあります。

断食ダイエットのデメリット

 

断食ダイエットには、どのような欠点があるでしょうか。断食ダイエットは、注意深く実践しないとあっという間にリバウンドしてしまうといいます。断食ダイエットは断食期間中はほとんどものを食べないため、体内のエネルギーが足りなくなります。できるだけエネルギーの無駄遣いをしないようにするのです。確かに食事制限によって体重は減ります。しかしそれだけでなく、人の体はエネルギーを使わない状態になるべく基礎代謝を下げてしまいます。2~3日の断食ダイエットの後に急に食べ物を摂取すると、体はまだ省エネモードのままなので体は入ってきたエネルギーを体に貯えようとします。断食で減った体重がすぐに元の数字になってしまったりします。断食によって一時的に減った体重が、食事を再開したら戻ってしまったというのもよくある話です。もう一つ断食ダイエットでのデメリットは、生半可な知識でやると髪が抜ける、肌が荒れる、女性の場合は生理が止まる可能性があるということです。2日~3日の断食だとしても、その間は極端に栄養の供給状態が悪くなるわけですから、体内の栄養が不十分になることもあります。確かに、短期間の断食ダイエットの場合は生死には関係ありませんが、体の中には少なからずダメージを受けることを覚えておく必要があります。断食ダイエットをする時にはしっかりとダイエットの内容を下調べしておくことをおすすめします。

断食ダイエットとは

 

ダイエットを断食で行うというと連想するものは何でしょう。3日間、あるいは1週間を水だけで過ごすという苦しく厳しいダイエットを考えるかもしれません。何も食べずに過ごすことが断食であるという前提に立つなら、断食ダイエットは空腹感に耐えるとても苦しいものだと思ってしまいがちです。断食をしながらダイエットする時には、極端に食事制限をする必要はない事が多いようです。例えば、間固形物は食べないけれど、りんごジュースやオレンジジュース等の飲み物やサプリメントは摂取していいというタイプの断食ダイエットも一般的に行われています。2日間だけのプチ断食ダイエットなどもあり、断食ダイエットの方法は様々です。断食ダイエットは、体の中に溜まった毒素を体外に排出してくれる作用もあります。市販の食品やスナック菓子などに含まれる防腐剤や合成着色料などは、食事によってわずかずつですが蓄積されていきます。具合が悪くなったり、肌荒れがひどくなったりという症状に関わっているといいます。断食を続けた身体は飢餓状態になります。栄養供給が行われなくなったことを察知した身体が、普段と違うことを感じ取り、体内の余剰のエネルギーを隅々まで使用しようとします。体内脂肪やエネルギーを使用する事になり、毒素も排出されるのです。ダイエットで断食をすることによって、体重が減るだけはなく体内の不要な成分を効率的に除去する作用も期待できます。