【薬事法】違反の広告

【薬事法】は風邪薬や胃薬をはじめとした医薬品はもちろんのこと、例えばニキビ予防のクリームのような医薬部外品、化粧品、医療器具などについても規制しています。

【薬事法】で規制されている品目を販売する場合には、厳しいルールがあります。

テレビを観ていると必ずといっていいほど、薬や化粧品のCMを見かけますよね。

雑誌やインターネットなどありとあらゆる所で医薬品、医薬部外品、化粧品などの広告を目にしますが、この広告の仕方についても【薬事法】では規制をしいているんです。

売る側としては消費者に買ってもらうために「この商品はこんなに効くんですよ!」とできるだけアピールしたいわけですが、それが度を過ぎると【薬事法】違反になることも。

消費者にとってはその広告が誇大であるかは使ってみないと分からないですよね。

【薬事法】ではそんな消費者を保護するために誤解を与えるような広告を規制しているというわけなんです。

 

【薬事法】に違反している広告にはどのようなものがあるのでしょうか。

よく、「この商品を使ったらニキビがこんなに良くなりました」という体験談とともに使用前と後の写真が掲載されていることがありますが、実はこれ、【薬事法】違反なんです。

そんな広告、あちこちで見かけるのでこれが【薬事法】違反なんて驚きですよね。

テレビなんかでも大々的にこの方法で宣伝している商品もあるのに、【薬事法】違反で取り締まりできないの?と思ってしまいます。

体験談や使用前後の写真が【薬事法】違反に当たるのは、その商品を使えば必ず同じ効果が得られるという誤解を与えかねないという理由から。

テレビでよく見るニキビ用基礎化粧品などではそんな【薬事法】に考慮して「個人差があります」などといった注釈を入れていますよね。

全ての人が同じ効果を得られるわけではない旨を明示すれば、体験談や写真を使っても【薬事法】違反から逃れられることができるというわけなんです。

 

【薬事法】では商品説明の表現方法、言い回しなどについても規制しています。

例えばエッセンシャルオイル配合でいい香りのする化粧水がよくありますが、「スキンケアしながらアロマセラピー」といった表現は【薬事法】違反になってしまうんです。

これはセラピーが治療を意味する言葉なので、化粧品の広告で使用することを【薬事法】で禁止しているからなんです。

また、【薬事法】では化粧品の効果や効能の範囲外のことを広告で表現することも規制しています。

例えば「漢方成分甘草配合」などは医薬部外品としてはOKでも、化粧品としては効果の範囲を逸脱してしまうので【薬事法】に引っかかるというわけなんです。

消費者としては少しでも効果のあるものを選びたいので広告の甘い文句に惑わされがちですが、【薬事法】はそんな私たちを保護してくれているんですね。

酵素ドリンクダイエット

【薬事法】と海外の医薬品

【薬事法】は日本国内で有効な法律ですが、海外にもやはり、医薬品などを規制する法律があります。

例えばアメリカではFD&CA、ヨーロッパではMDDと呼ばれる法律が日本の【薬事法】と同じ位置づけになります。

海外と日本の【薬事法】は品目の分類や試験方法、審査機関などいろいろな点で大きな違いがあります。

日本はとかく、物事について細かいといわれる国民性を持っていますが、やはり日本の【薬事法】も海外に比べて細かいという印象があります。

日本の【薬事法】は海外でも類を見ないほど厳しく医薬品が規制されているんです。

そんな【薬事法】に守られて安全だと思うか、もっと新薬を積極的に取り入れて欲しいと思うかは人それぞれかもしれませんね。

しかし【薬事法】で守られていると考えれば、有難い存在なのではないでしょうか。

 

【薬事法】では、日本国内では承認を得た医薬品しか販売することができないと定められています。

この【薬事法】で承認されている医薬品の種類は、海外アメリカなどに比べるとかなり少ないと言われています。

アメリカの【薬事法】では、日本でまだ承認を得られない医薬品や日本で処方箋薬に指定されている医薬品も薬剤師を通さず手軽に購入できたりします。

これは決してアメリカの【薬事法】がいい加減ということではなく、アメリカで定められた手続きをきちんと踏み、安全性が認められたから。

日本の【薬事法】に従って新薬の承認を得ようとすると、販売までの期間に5年前後要すると言われています。

だから、海外の【薬事法】で認められた医薬品が日本に入ってくるのに4、5年のタイムラグがあるんですね。

 

【薬事法】では海外の医薬品の輸入についても規制をしています。

最近では海外の薬を手軽にインターネットで注文して輸入できるようになりました。

海外旅行のついでに日本の【薬事法】では未承認の医薬品や化粧品などを買ってくる人も多いですよね。

それだけ海外の医薬品や化粧品などは日本国内で需要があるわけですが、これを他人に譲渡したり販売したりすると【薬事法】違反になってしまうんです。

日本で未承認の医薬品などは個人が自分で使うために輸入することはできても、第三者の手に渡ってしまうことを【薬事法】では認めていないんですね。

日本未発売の海外の化粧品などは特に日本のマーケットで現地の何倍かの値段で売れたりしますが、このような行為には【薬事法】の定める許可や承認を得る必要があるんです。

また、海外の医薬品や化粧品を自分のために個人輸入する場合にも、【薬事法】により輸入できる数量などが限られているので注意が必要です。

日本未承認でも海外のよく効く薬や新発売の化粧品は魅力的ですよね。

海外からこれらの商品を持ち帰る際には日本の【薬事法】に違反しないように気をつけましょう。

酵素ドリンクダイエット