タグ別アーカイブ: アルコール度

【発泡酒】アルコール度

【発泡酒】は、今、とても人気で、その勢いは、ビールを追い抜くほどで、多くの愛飲者がいます。

実際、酒類販売店に行くと数々の種類の【発泡酒】がずらっと並んでいて、ビールとの区別もわかりにくくなっています。

また第3のビールというものもあって、【発泡酒】との区別が更に分かりづらくなっている状況です。

ビールと【発泡酒】はとてもよく似ていて、アルコール度は共通していますが、違う分野で分類されているので価格は違います。

大きな違いは、ビールと【発泡酒】は、酒税法により分けられていて、分類ごとで酒税が大きく異なるところです。

ビールは原料に大麦を主として使用していて、【発泡酒】も同じように使用されていて、作りかたもあまり変わりません。

麦芽を酵素で糖化させてビール酵母でアルコール発酵させたビールと、【発泡酒】とは作り方に差はほとんどないのです。

 

【発泡酒】は、麦芽使用比率が66.7%以上のビールとは違いますが、大麦の麦芽を同じように原料として使用しています。

日本では酒税法と公正競争規約があり、酒税法で定義されているビールには、アルコール度が20度未満の【発泡酒】があります。

麦芽、ホップ、水を原料として発酵させた麦芽100%ビールもあり、【発泡酒】と違い、アルコール度は1%以上とされています。

麦芽、ホップ、水、及び米やその他の政令で定める副原料を原料として発酵させたビールもあり、【発泡酒】とは異なります。

原料中、政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の100分の50を超えないものに【発泡酒】は限ります。

また、【発泡酒】の副原料として定められているのは、米、とうもろこし、こうりゃん、馬鈴薯、でんぷんなどです。

麦芽又は麦を原料の一部とした酒類が【発泡酒】であり、発泡性を有するもので、アルコール度が20度未満のものです。

 

【発泡酒】は、実際、アルコール度数は5%程度ありますが、最近では、糖質が大幅に抑えられているものが沢山出ています。

サントリーのリラックスという【発泡酒】は、糖質が抑えられていて人気がありましたが、販売が終了してしまいました。

麒麟淡麗グリーンラベルという【発泡酒】は、糖質が低く、アルコール度が低くて飲みやすくなっています。

【発泡酒】は、ビールと同じようにアルコール度は5%程度なのですが、ビールのように2リットルは中々飲めません。

2リットル行かずに酔っ払って寝てしまうのが【発泡酒】で、アルコール度は同じなのに、飲み心地や味が違うからです。

アルコール度はビールと同じであっても、【発泡酒】の場合、吸収度がまた違うのかもしれません。

酵素ドリンクダイエット