踏み台昇降ダイエットの注意点

年齢や性別を問わずできる簡単な運動であることが、踏み台昇降ダイエットの利点です。

ただし、運動不足気味だった人がいきなり踏み台昇降運動を始めると、膝などに負担がかかる場合もありますので気をつけるようにしましょう。しっかりと準備運動をして10分程度からゆっくり始めるようにした方がいいでしょう。

踏み台昇降ダイエットの最中は水分補給も大切です。常に近くに水を置き、こまめに飲みながらダイエットを続けていきましょう。踏み台昇降運動が終了したら、整理運動をすることで足への負荷を軽減できます。

運動の機会がほとんどない人が踏み台昇降運動を行うと、筋肉痛の原因になる場合もあるといいます。運動後は入浴時に足をマッサージし、筋肉の疲労を取り除きましょう。踏み台昇降だけで一定のダイエット効果を望むのであれば、ある程度継続して行う必要があります。1日1回長時間するよりは、数回に分けて行ったほうがよりダイエットの効果が高いといわれています。

ダイエット効果が出始める時期は個人差がありますが、1週間続ければ徐々に体重が落ち始めるようです。踏み台昇降運動は単調なので、時にはウォーキングやジョギングなどのバリエーションをつけることでダイエットは続けやすくなるでしょう。

踏み台昇降ダイエットの方法

覚えやすく、難しくないところが踏み台昇降ダイエットの長所です。腰や膝に負荷がかからないように、注意をして行うようにしましょう。

踏み台昇降ダイエットをする前には、準備体操やストレッチをしましょう。主に足首や膝、腰に働きかける動きがおすすめです。

踏み台昇降ダイエットは踏み込む足を定期的に変えることが大切です。いつも同じ足から始めていると、筋肉の使い方に偏りが出来てしまい体のバランスが悪くなります。右足から踏みだして3分、左足から踏みだして3分など、時間毎に足を変えるのもいい方法です。

音楽をかけて、音で時間を知りながら左右の踏み出しを変えてもいいでしょう。音楽が流れていれば、運動に飽きづらくなるという利点もあります。

踏み台昇降運動のいいところは、一人一人の体力や運動能力に合わせた運動ができることにあります。有酸素運動は、息が切れるほどの速さで行ってはいけないので、ゆっくり歩く程度から始めれば十分です。どれくらいの時間行うかもその人次第ですが、有酸素運動として脂肪を燃焼させるには最低30分は必要です。30分1セットで2回程度行ってもいいですし、慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていってもいいでしょう。踏み台昇降運動でダイエット効果を得るためには、コツコツと続けることが重要です。

踏み台昇降ダイエットとは

最近は様々なダイエットがありますが、子どもの頃に学校でやった踏み台昇降ダイエットもその一つです。その場を動かず、2、3段の台を昇り降りするものです。

踏み台昇降の動きは実は有酸素運動で、体力テストで行っている学校もあるとか。踏み台昇降が新しいダイエット方法の一つとして、今とても注目されています。踏み台昇降ダイエットは、有酸素運動によって減量効果を期待するものです。
有酸素運動といえば、サイクリング、ジョギング、ウォーキング、水泳など様々な手段が知られています。自宅で手軽にできることが踏み台昇降のいいところです。雨の日も雪の日も、寒い日でも炎天下でも、家の中でできるという利点は大きなものです。

踏み台昇降用の台を購入することなく、家庭ならば階段を使えば運動はできます。仕事中は休み時間にオフィスの階つ段で踏み台昇降ダイエットを行うこともできます。踏み台昇降は動きがとても単純なので、年齢を気にせず子供からお年寄りまでできるダイエット方法でもあります。時間を見ては、階段を数段上り下りするだけで、有酸素運動としての効果があります。自分のペースで、好きなだけ行えるのもメリットの一つです。ダイエット効果の他にも、踏み台昇降運動は足腰を強くしたり、加齢による体の変化から体を守る作用もあります。