背中ダイエットの基本

脂肪がみっしりとついた背中をすっきりさせたくてダイエットをする人がいます。

背中のぜい肉は、1度ついてしまうと最も減らすのが難しい部位だといいます。

どうして背中に脂肪が蓄積されるのでしょう。普段、猫背気味の人は、背中に脂肪がつきやすいといいます。

日中は事務仕事をしているという人は猫背になりがちですが、猫背でいる時間が長いと筋肉が衰えて、ぜい肉が増えてしまうのです。

背筋を曲げないようにすることが、背中の筋肉を維持し、ダイエット効果につながります。

運動不足も背中に贅肉がついてしまう原因となります。

猫背にもなりやすので、ダイエットのためにも適度な運動を行うことが重要です。

運動不足を解消すること、いい姿勢で1日を過ごすことが背中ダイエットに効果的です。

背中ダイエット効果がある、手軽なストレッチもおすすめです。

まず、うつぶせの姿勢になって腕を両サイドに伸ばします。

息を吐きつつ、背を反らしていってください。

十分に背筋をそらしたら、5秒維持します。

背筋をよく伸ばすことと、目線は上にがコツです。

姿勢を戻して1セット終了です。

1日に3度~5度を目安に背中ストレッチをすると効果的です。

猫背を治すことと、ストレッチを続けることで背中のダイエットをすることができるでしょう。

タオルを使って背中ダイエット

いつの間にか背中についてしまった体脂肪の対策には、背中ダイエットが効果を発揮するといいます。

背中には、S字のなめらかなくびれがあるときれいに見えます。

ただし、年をとると徐々にたるみが目立つようになります。

背中を、家でダイエットするには、どういった方法があるでしょう。

背中の脂肪をとるため筋肉を効率的に鍛えるには、タオルを使って肩甲骨を動かせるストレッチ運動を行うことです。

猫背気味の背中がまっすぐに伸び、代謝がよくなって背中がすっきりするため、きれいな背中になることが可能です。

フェイスタオルの両端を持って高く持ち上げ息を吸います。

肘をゆっくり曲げて、タオルの高さを肩と同じくらいにします。

立った姿勢でもできますが、座ってもできます。肘の曲げ伸ばしを、10回くらい行えば終了です。

肩甲骨のストレッチをすることは、冷え症対策にも効果的です。

冷え症がよくなれば、ダイエットにもよい影響があります。

肩甲骨ストレッチは、背中を効率的にダイエットしたいという人がまず1ヶ月ほどやってみるといいものです。

起床時に5分時間がとれれば、十分なダイエットができます。

毎日コツコツと続けて背中のダイエットをすることによって、くびれのある美しい背中を手に入れることができるでしょう。

お風呂で背中ダイエット

背中についた脂肪をなくし、すっきりした背面のラインを求めてダイエットをする人がいます。

背中のぜい肉は、直接見ることはできないので以外と気づきにくいものです。

鏡で確認して、びっくりするということもあります。

体重増加が背中のたるみの最大の要因です。

ダイエットで脂肪を使うようにすることが大事です。

背中を引き締めるための運動は、入浴時などに行うといいでしょう。

背中のダイエットのためにストレッチを行う場合、バスタイム後が向いています。

背中の筋肉を動かすことによって脂肪が燃焼され、たるみが少しずつ解消されるでしょう。

肩甲骨を中央に動かすように意識しつつ、背中を体の後ろに回すストレッチが、ダイエット適しているようです。

背中には、僧帽筋という広い範囲にわたる筋肉があります。

この僧帽筋をよく動かすことによって、脂肪をエルギーにすることができます。

左手をあげ、背中側に向けて腕をおろします。

右手を下から背後に回して左手を握ります。

体が固くで右手と左手が背中で触れ合わないという方もいますが、お風呂に入ってからやってみると、体が柔らかくなっていることもあります。

直接右手と左手がつなげなければ、タオルをはさむ方法もあります。

姿勢矯正も、背中ダイエットに効果的です。

ストレッチは猫背にも効果的なのでおすすめです。

お風呂でストレッチをして背中のダイエットを成功させましょう。