お風呂で背中ダイエット

背中についた脂肪をなくし、すっきりした背面のラインを求めてダイエットをする人がいます。

背中のぜい肉は、直接見ることはできないので以外と気づきにくいものです。

鏡で確認して、びっくりするということもあります。

体重増加が背中のたるみの最大の要因です。

ダイエットで脂肪を使うようにすることが大事です。

背中を引き締めるための運動は、入浴時などに行うといいでしょう。

背中のダイエットのためにストレッチを行う場合、バスタイム後が向いています。

背中の筋肉を動かすことによって脂肪が燃焼され、たるみが少しずつ解消されるでしょう。

肩甲骨を中央に動かすように意識しつつ、背中を体の後ろに回すストレッチが、ダイエット適しているようです。

背中には、僧帽筋という広い範囲にわたる筋肉があります。

この僧帽筋をよく動かすことによって、脂肪をエルギーにすることができます。

左手をあげ、背中側に向けて腕をおろします。

右手を下から背後に回して左手を握ります。

体が固くで右手と左手が背中で触れ合わないという方もいますが、お風呂に入ってからやってみると、体が柔らかくなっていることもあります。

直接右手と左手がつなげなければ、タオルをはさむ方法もあります。

姿勢矯正も、背中ダイエットに効果的です。ストレッチは猫背にも効果的なのでおすすめです。

お風呂でストレッチをして背中のダイエットを成功させましょう。

肩甲骨ダイエットの効果

近年では、簡単なダイエット方法として肩甲骨ダイエットが注目されています。

肩甲骨ダイエットは、どのような方法をとればうまくいくものなのでしょう。

運動が得意でない人でも、苦痛を感じずに継続できることが、肩甲骨ダイエットのいいところです。

肩甲骨ダイエットは新陳代謝を高めることで全身のシェイプアップ効果や冷え解消効果があります。

便秘や生理痛の辛さが和らいだり、腰痛や肩こりが解消されるなどの効果も肩甲骨ダイエットで得られます。

肩甲骨ダイエットは質の良い睡眠を取ることで相乗効果を得られるといいます。

人間の体は、眠っている間に体内のエネルギーを消費して、1日の疲労を回復させます。

睡眠時にエネルギーを使わせることは、ダイエットのポイントになります。

よい睡眠を確保することができれば、よりダイエット効率が上がるというわけです。

お腹が空いているときに肩甲骨ダイエットのストレッチをすると効果が高まるといいます。

内臓脂肪は、空腹を感じている時の方が燃えやすいとされているためです。

本来であれば、胃に何も入っていない時に体を動かすことは推奨されませんが、5分程度で終わる肩甲骨ストレッチならば大丈夫でしょう。

時間的な制約がある人でも、1日に少しの時間でできる肩甲骨ダイエットであれば、無理なく続けることができます。

3か月でウエストがマイナス8センチという効果を得られた人もいるほどです。

誰でも気軽に取り組める肩甲骨ダイエットで健康的なダイエットをしましょう。

肩甲骨ダイエットの基本ストレッチ

ダイエットのために、脂肪の燃焼を助ける肩甲骨のストレッチが効果的だと言われていますが、どういった方法が有効なのでしょう。

まずは、肩甲骨を上下に動かすストレッチです。

まず、肩幅くらいに足を広げて立ちます。

ゆっくりと息を吸いながら腕を上げ、頭上で手のひらをくっつけます。

手のひら同士がくっついたら、手の甲同士をつけてひじを少し引き、肩甲骨を中心に寄らせながら腕を下げていきます。

腕をおろしている時は肩甲骨が中央に寄り続けているように意識しつつ、胸の高さまで腕をおろします。

肩甲骨を真ん中に寄せるイメージで行えばうまくいくでしょう。

肩の回りがすっきりとするに違いありません。

この他に、肩甲骨を上下や左右に動かすストレッチもあります。

立ち姿勢から始めますが、足は肩幅より広いくらい、つま先は外に向けます。

両腕を真っすぐ伸ばした状態でクロスさせ、親指は後ろ側に向けましょう。

手をクロスさせたまま、頭上に上げていきます。

半円をイメージしながら腕を上げて、クロスさせていた両腕を横に開いていきます。

腕をおろす時に、両方の肩甲骨が真ん中寄りになっていることが大事です。

腕を肩と並行になるまで卸したら、最初の両腕交差姿勢にします。

普段は使わない奧の部分の筋肉まで、このストレッチで刺激できます。

毎日起きたときと寝る前に5分間ゆっくりと肩甲骨ストレッチを行ってダイエットを成功させましょう。

肩甲骨ダイエットとは

たくさんの人が、肩甲骨ダイエットで痩せようとしているようです。

肩甲骨のストレッチ運動をすることでダイエットをするというものが、肩甲骨ダイエットです。

肩甲骨の周辺には、褐色脂肪細胞という細胞が存在しており、この細胞を活性化することでダイエットを促進します。

朝と晩にそれぞれ2回のストレッチをすることで、脂肪が燃焼しやすい体になるといいます。

体内の脂肪を効率的に燃焼させるには、肩甲骨の褐色脂肪細胞が役立ちます。

褐色脂肪細胞は体にはさほど多くありませんが、多く食べすぎた時のカロリー消費に役立ちます。

肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞の働きを活発にして脂肪を燃焼しやすい体にすることができるのです。

リンパ腺の働きを、肩甲骨の運動で活発にすることで、むくみやセルライトの蓄積を防ぐことができるようです。

日々5分間のストレッチをすることによって、褐色脂肪細胞の活動が活発になってダイエットができます。

ストレッチ運動は、起床後と就寝前の1日2回がおすすめです。

いずれのストレッチも、30秒程度ですることができます。

息を吸うタイミング、吐くタイミングを指示どおりに行い、呼吸を止めないように気をつけて運動をします。

鏡に自分の姿を映しながらストレッチをすることで、姿勢のチェックができます。誰でもできる簡単な肩甲骨のストレッチでダイエットに是非チャレンジしてみましょう。