白湯ダイエットの効果をアップさせる方法

白湯ダイエットとは、50℃の白湯をゆっくり摂取することで血流を促進し、新陳代謝を促して脂肪燃焼を活発にするというものです。ダイエット効果を高めるには、新陳代謝を活発にする食材も併用するといいでしょう。

便秘の緩和や老廃物の排出効果も期待できます。ビタミンBやマグネシウムを豊富に含む食材が、代謝促進に効果があると言われています。ビタミンBやマグネシウムが多い食べ物いえばバナナです。バナナもダイエットに効果のある食材として知られているので、バナナだけでも新陳代謝を高めることができます。

白湯とバナナの両方のいいところを活用してダイエットを行いましょう。バナナの他にもダイエット向きの食べ物は色々あります。健康増進やダイエットにいいとされる玄米や納豆も、ビタミンBやマグネシウムを多く含みます。起床後に白湯を摂取し、ビタミンBの豊富な食材をしっかり食べることで、睡眠中に下がった代謝を上昇させることが可能です。起床後にストレッチをするなど、血流を促進する運動をすることも効果的です。

起床後に毎日5分のストレッチタイムをもうけるだけでも、白湯ダイエットの効果がアップします。簡単で、長く続けられるのがよりよいダイエットです。白湯ダイエットのいいところは、続けやすいことといえるでしょう。

白湯ダイエットの効果について

 

白湯ダイエットは、内容がシンプルでダイエットにいいだけでなく、色々な利点があります。基礎代謝が高まりますし、解毒作用も白湯ダイエットのうれしい効果のひとつです。

体温が上昇し基礎代謝が良くなると生命活動も盛んになるため、毒素が出やすくなるといいます。内臓だけでなく腸も白湯効果で動きが良くなるので、便秘に悩む人への秘策にもなります。ダイエットに直接的な影響があるわけではありませんが、白湯の摂取は体にいいので間接的にダイエットに関わっています。

起きてから白湯を飲むと効果が高まります。睡眠中は一切の栄養を摂っていませんので、起き抜けは代謝が低下しており、体が冷えやすい状態になっているといいます。代謝を高め、体をしゃっきり起こすためには白湯が効果的に作用します。

白湯ダイエットをする上では、朝の食事を食べることも心がけましょう。朝食を食べないと栄養のない状態が続き、代謝を高くすることができません。代謝向上に効果的な食べ物、バナナでもいいので何か口にするようにしてください。代謝の高くダイエットに向いた体質を維持するために用いるのが白湯であり、白湯ダイエットとは直接的なダイエットとは異なるアプローチで行われています。

白湯ダイエットとは

 

ダイエットに白湯を使うものがあります。白湯ダイエットは、有名人が数多く行っていることで多くの人に知られるようになりました。千葉麗子、山本モナ、深田恭子、江角マキコ、宇多田ヒカルなどが行っています。白湯ダイエットが注目を集めている理由には、手軽にできてダイエット効果がすぐ体感できることがあります。

白湯ダイエットは、40~50℃のマグカップ1杯のお湯を10分くらいの時間をかけて飲むだけです。50℃程度のお湯を時間をかけて体内に取り入れることで、代謝が活発になります。温度と時間はできるだけ守って実践しましょう。脂肪を効率よく燃焼させるため、時間をかけて白湯を摂取して新陳代謝にいい体の環境を作るのです。

だだし、白湯をがぶがぶ飲まないようにしてください。飲めるだけ飲んでもダイエット作用が倍加することはありません。それどころか白湯の飲み過ぎでむくみが出る場合もあります。1度の摂取量は、マグカップ一杯くらいです。水道水を沸かしたものでも白湯として使えます。ミネラルウォーターのサーバーで、一定温度のお湯が出るものがあれば便利に使えるでしょう。ポットでも、お茶の玉露やミルク用に60℃ぐらいの設定をできるものがあります。そういったポットがあれば白湯を手軽に摂取できますので、実行が難しくなく、白湯ダイエットが長続きするでしょう。