耳つぼを利用したダイエット

ダイエット方法に、耳つぼを活用するものがあります。

ダイエットをスムーズに行うために、耳にある消化の働きをよくするツボや、食欲を抑制するツボなどを刺激するというダイエット方法です。

人体には、およそ360を越えるつぼが存在しているそうです。

人間の体にある無数のつぼを押すことで、体の機能に色々な変化を引き出したり、健康増進効果が得られるといいます。

東洋医学の考え方で、古くから実践されていました。

耳には、意外にもたくさんのつぼがあり、特にダイエットに効果的なつぼがあることから耳つぼダイエットと言うものができました。

食事を減らしたり、カロリー量の多い食材に目を光らせたり、毎日の運動ノルマを課せられたりしなくても、耳つぼダイエットは実践することができるでしょう。

ダイエットをいきなり行うと、肌がかさかさになったり、抜け毛が増えたり、肌荒れが酷くなるといった問題も発生するようです。

耳つぼダイエットのいいところは、体に負荷をかけずにゆるやかに減量できることです。

耳つぼダイエットが人気なのは、副作用が起きにくいこともあります。耳つぼダイエットはカロリー制限を設けるダイエットと異なり、リバウンドしにくいダイエット方法です。

耳つぼダイエットは、誰にでも簡単に始められるので、他のダイエット方法で失敗した人も一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

水泳ダイエットの方法

どのような手法での水泳ダイエットが、脂肪の代謝にはよいと考えられるでしょう。

誰でも気軽にできることが、水泳ダイエットのいいところです。

より効率的な方法を知ることによって、ダイエット効率を上げることができます。

まず、水泳をする前に、十分にウォーミングアップをしましょう。

想像以上に、水泳は体を使う運動です。

しっかり準備運動をしておくことで、体を温めて運動のダイエット効果アップとケガ予防をします。

少しずつステップアップしながら、効率的な水泳の方法について知っていくとやりやすくなることでしょう。

最初は初任者向けの泳ぎ方で、少しずつテクニックを覚えていきます。

頑張りたい気持ちが先行して、ついつい休憩無しで泳いでしまいがちですが無理をすると効率がよくありません。

仲間とレクリエーション感覚でできることも水泳のいいところです。

ダイエットは何であれ、続けることが大事です。

水泳は、フォームも大事です。正しいフォームで泳ぐことによって、筋肉を鍛えより効率的なダイエットをすることができると言われています。

目標を設定した上でダイエットをすることも大事です。

何㎏痩せたいのか、期日はいつか、そのためには水泳をどのくらいするかをはっきりさせます。

プール設備が屋内に限られるという人でも、機会があったら屋外のプールを使って気分を変えましょう。泳ぎ終わったら、体を整えるために軽い運動をしましょう。

運動時の故障を防ぐためには、水泳の前後で軽く体を動かすことが大事です。

けっして無理をすることなく自分のペースで水泳ダイエットに取り組んでみましょう。

水泳ダイエットのポイント

ダイエットと健康を両立させたい人には水泳がおすすめですが、長く続ける心得は何かあるでしょうか。

水泳以外の方法でも、ダイエットで大事なことは継続することです。

水泳をダイエットのために続けるには、あまり根をつめてやり過ぎないということが重要になります。

水泳で筋肉を鍛えすぎると、体脂肪の燃焼より筋肉の増加の方が多くなり、筋肉質な体つきになってしまうこともあります。

負担がかかりすぎないように、適度な運動量で水泳を続けられるようにすることです。

水泳ダイエットといっても泳ぎが苦手な人もいるでしょう。

ウォーキングも、陸上でやるより水中でやったほうが運動量がかかります。

水中ウォーキングなら、運動が苦手な人でもできます。

水の抵抗に逆らっての運動なので、以外と大変です。

ダイエットに水泳をするということは、水着に着替える必要があるということです。

水着になることで、プロポーションを確認することができます。

ダイエットの効果が出ることが、待ち遠しくなることでしょう。

水泳ダイエットのいいところとして、時間をかけて運動をしても汗で体がぺたぺたになる心配がないという点があります。

どんな人でも気軽に取り組める水泳でダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

水泳のダイエット効果

水泳をすることでダイエットができるという人はたくさんいますが、ダイエットは水泳にいいものでしょうか。

水泳は、カロリー消費が高くダイエット効率のいい運動です。

1時間のウォーキングを、体重55㎏の人が行うと120kcalのカロリーを消費します。

それに対して、1時間の平泳ぎをするとおよそ600kcalが消費できます。

平泳ぎではなくクロールにすれば、1000kcalのカロリーが消費です。水泳は、水圧による体の刺激もあります。

1.3トンの水圧が体にかかると言われています。

全身に水圧による刺激がかかるため、血の巡りもよくなり、新陳代謝も促進されます。

背筋や腹筋を使う運動もできるといいます。

水中には水圧だけではなく抵抗も生まれます。

水中で身体を動かす時の抵抗は、空気中の10倍だといわれています。

水泳もいいですが、水中ウォーキングもいい方法です。

水の抵抗が強いことから、水の中で体を動かすこと自体が大変なためです。

体の深層にあるインナーマッスルを効果的に鍛えることができるともいいます。

肥満体型の人がダイエットをしようとジョギングやランニングをすると、関節に負担がかかってしまうことがあります。

一方、水泳ならば浮力のある中で運動をすることになるため、膝や腰に体重の負荷をかけずに運動をすることが可能です。

体重の全てを足で支える必要がなくなるため、下半身の筋肉が多くなりすぎる心配はありません。

プールは、温水プールでも体温より冷たいものです。

水中にいても体温が下がらないように、人間の体は代謝を活発にしてエネルギーを作りますので、ダイエットに効果的です。

水泳は誰にでもできる手軽でダイエット効果の高い運動だといえるでしょう。