運動によるダイエット方法

運動を中心にしたダイエットを行う場合は、複数のエクササイズや運動のローテーションなどが効率的だといいます。

どんなダイエット方法が、効果が高く、気軽に取り組むことができるでしょう。

運動系のダイエット方法の中で挫折してしまうケースが多いといわれるのが、激しい運動によるダイエットです。

昔から取り組んでいたスポーツをダイエットのために復活させるというわけではなく、痩せたいからときつい運動を続けるのは苦痛が大きいでしょう。

痩せるどころか、運動のしすぎで体に負担が積み重なるということもあります。

膝や腰にダメージが蓄積したり、筋肉の痛みが抜けないなどの症状があれば、ダイエットの継続が困難です。

結局、継続できなかったということであれば、ダイエットも無意味です。

ダイエット方法を選択する場合に重要なことは、長く続けることができるかです。

ダイエットのための運動をする時間を、ジムに通うことで確約するという方法もあります。

生活サイクルの一つにジムに行くことを含めてしまうことで、定期的に行くことができます。

会社の近所や行きつけの場所の近くといった、自分の行動範囲内のジムを選ぶと行きやすくなるでしょう。

遠い場所だと、つい億劫になることも考えられるので、出来れば避けるようにしたいものです。

ウォーキングなども、手軽に始められる運動です。気軽にできて、特別な道具を必要としていないという点からも、ウォーキングはダイエットに適した方法です。

ウォーキングを習慣化したい人は、昼休みにウォーキングの時間を確保したり、出勤時に歩く習慣をつけるのもいいでしょう。

運動に使う時間が一見ないように見えても、やり方によってはダイエット運動をする方法は色々あります。

有酸素運動によるダイエット

効果的なやせる体操としてよくあげられるのは、適度な有酸素運動ではないでしょうか。
有酸素運動のエクササイズやエアロビクスを、やせる体操として思いつく人がほとんどではないでしょうか。最近紹介されたダイエット方法によると、有酸素運動のみを行う体操ではありません。無酸素運動を有酸素運動に組み合わせた体操がより効果的にやせるといいます。
アメリカのクレイガー博士が考案したもので、有酸素運動と無酸素運動を交互に30秒ずつ行います。有酸素運動は20分以上続けなければ、やせる効果が小さいと元々言われていたようです。なかなかまとまった時間が作れずに体操ができなかったという人も大勢いたのではないでしょうか。

有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に行うことで、たった3分の体操で、やせる効果が期待できるというのが、クレイガー博士の理論だそうです。無酸素運動を30秒行うことで心拍数がアップし、全身への酸素の供給量が増えます。

酸素の供給量を増やしてから有酸素運動を行い、運動による脂肪燃焼効果を高めます。具体的には無酸素運動として両手を上に上げて行うバンザイスクワットを30秒、有酸素運動としてその場でのジョギングを30秒、それぞれを交互に3分間行うだけでやせる体操になるといいます。基本的には他の体操と同様にやせるために毎日続けることに、1日たった3分の運動ですが効果があるといえるでしょう。