小顔ダイエットと表情筋トレーニングについて

小顔ダイエットでは、顔太りの原因が筋肉の緩みの場合表情筋トレーニングをするのが有効です。

大抵の人が、ダイエットのために体を動かす必要がある場合は、ウォーキングやジョギングなとの有酸素運動をします。

顔には表情を形成するための筋肉が存在しており、この筋肉の筋トレをすることで、小顔効果を期待することができます。

顔の筋肉と聞いて疑問に思う人も多いと思います。

表情筋は、顔の筋肉同様に伸縮させることで表情をつくります。

日常的に使う表情筋は、おおよそ2割程度となります。

筋肉があっても使わずにいれば、その筋肉は低下し、硬くなります。

結果的に、筋肉で押さえているはずの脂肪が押さえきれなくなり、垂れてしまいます。

ほほの垂れ下がりを改善するには、表情筋を動かすことを意識した、小顔ダイエットが効果的です。

効率的に小顔のダイエットをするには、お風呂に入ってからの体温が高めの時のトレーニングが向いています。

左右と上下に、静かに首を動かして首のエクササイズをします。

小顔と首にはどんな相関関係があるか疑問に思う人もいるかもしれませんが、首と隣接して顔がありますので、首を動かすことは顔にも関係しているというわけです。

首の運動では、頭を回すことも大切です。

頭を回すことで、首部分から口の下の方が動いた感じがすると思います。

あいうえおという発音を、一つ一つの口の動きを意識しながら発生することも、顔の運動になります。

あいうえおの口の運動を2、3度行ったら、仕上げに再度首の運動をしましょう。

毎日継続することで、徐々に小顔ダイエット効果が現れてきます。

小顔ダイエットとフェイスマッサージ

小顔ダイエットで大切な事は原因を見極め、自分の顔の状態に適した方法を選択する事です。

フェイスマッサージは、むくみや脂肪の蓄積が原因で顔が大きく見える人向けの方法です。

顔で停滞しているリンパ液や水分がスムーズに流れるようにすることが、むくみや脂肪が原因で顔が大きい人を小顔にする手段になります。

1回につき3分から5分ぐらいを目安に、毎日する実践することに意味があります。

顔の皮膚はとても弱いので、こすりすぎるとしわなどが出ることがあります。

マッサージクリームやマッサージオイルを用いて、そっとマッサージをしましょう。

耳の前から下側に向けて、そっとマッサージをしていきましょう。

耳の前から首筋にかけてリンパ腺があり、リンパ液を流したい部分になっています。

顔のマッサージをする場合は、中心から外側に向かい、口の横から耳の上の部分に向かってやさしくマッサージすると小顔になります。

マッサージを行う際には、今より顔が小さく引き締まっていく状態を思い浮かべながら顔を刺激していくと効果が高まります。

マッサージは、顎から耳にかけても行うようにします。

顎から耳の部分は、脂肪太りの人は特に丁寧にすると血流もよくなり脂肪の燃焼が早まりダイエット効果も期待できます。

顔の皮膚は摩擦など刺激に弱いので、長時間のマッサージは逆効果になる恐れがあります。

小顔ダイエットを目的としたマッサージでは、マッサージ時間を長くせずに、優しく手短にマッサージを済ませます。

小顔のダイエットは人気のダイエット方法

普通のダイエットをして身体は痩せても、意外に顔についたお肉はなかなか取れなくて小顔になるためにはどうしたらいいのだろうと思い悩んでいる人も結構多いのではないでしょうか。

顔のシェイプアップを目指している人は、小顔ダイエットをしてはどうでしょう。

小顔ダイエットの特徴は、ダイエットと銘打ってはいますが、食事制限がないという点にあります。

マッサージや表情筋のトレーニングをすることで、顔を小さくさせることを言います。

顔のサイズは、顔の筋肉の状態や、むくみ、脂肪のつき方などに関係しています。

顔がむくむのは、リンパ液や水分などが滞り、顔から出ていかずに留まっている場合です。

脂肪がつくのは、体全体の脂肪量と関係しています。

筋肉の緩みというのは顔の表情が乏しい人や、しわを気にして笑わないようにしていたりすると、表情筋が衰え顔全体の筋肉が緩む為におこります。

小顔ダイエットに取り組む前に、なぜ自分の顔は大きく見えるかを分析しましょう。

原因に対応した対策を立てることが、小顔ダイエットのコツです。

顔が大きく見える理由を判断する根拠は色々ありますので、知っておくといいでしょう。

むくみがある人は、起きた直後のまぶたの腫れなどが顕著です。

顔がパンパンであるとか、エラの辺りがゴリゴリしている場合には、脂肪太りが考えられます。

もしも表情筋の筋力が低下しているなら、ほおのたるみがあったり、ほうれい線が目立つなどの特徴が確認できるでしょう。

小顔ダイエットをする場合、どんな方法が自分と相性がいいかを考えましょう。

骨格改善による小顔ダイエット

たくさんの人が顔ダイエットをしたいと思っているようで、小顔に憧れていたり顔が大きいことを気にしているといいます。

いろいろと顔が大きく感じる理由はあるようですが、もともとの骨格が原因で輪郭が大きくなっているという方もいるようです。

この場合が顔のマッサージやエクササイズ、体全体のダイエットなどで小さくするのは難しいでしょう。

頭は頭蓋骨が大きければ大きく見えるものですし、あごがしゃくれたように見えることがあるのは、顎の骨が突き出している場合です。

それなりに小顔に見えるのは、反対にあごの骨そんなに発達していないという場合でしょう。

骨格が原因で顔が大きく見える人は、どんなダイエット方法が適しているでしょう。

なかなか難しいのが、骨格がもとで顔が大きい場合の顔のダイエットです。

骨格そのものを、エステの小顔矯正で小さくするというのも一つの方法です。

とはいえ金銭的にも体にもエステは体に負担がかかってしまうのも事実です。

 

より一般的な方法だといえるのは、顔のダイエットなどで顔を小さく変化させるのではなく、髪型やメイクを使って顔を小さく見えるようにするというものです。

意外に見た目の印象というものは、服装やメイクの工夫で変化するといえるでしょう。

顔を小さく見せたいだけなら、実際にダイエットをするよりも即効性があるのでおすすめの方法です。

皮下脂肪を減らして小顔ダイエット

さまざまな理由で顔が大きく見えてしまうのですが、大事なのは小顔ダイエットをするときにその理由をはっきりさせておくことです。

顔が大きく見える理由は何なのかによって、どんな対策を取ったらよいかが決まります。

脂肪を燃やさなければキュッとしまった小顔には、体全体が肥満で顔にも脂肪が蓄積して丸く見えている場合にはなることができません。

表情筋という筋肉が顔にはあり、動かすのは表情を変化させるときやしゃべるときです。

表情筋の体操だけで顔の脂肪を燃やすことにはなりません。

現代人の咀嚼回数は、柔らかい食べ物を食べることが多いせいかだんだん少なくなっているようです。

筋肉は使わずにいると減少し、蓄積された脂肪を使うチャンスもまた失われます。

しっかりと顔の脂肪燃焼を促進しダイエットをするためには、体操で顔の筋肉を動かす必要があります。

ダイエット方法で他にもおすすめなのは、マッサージで顔の代謝を促し脂肪を燃やすというものです。

体全体のダイエットが顔のダイエットにつながるのは、全身に脂肪がついている場合顔にも脂肪がついているからです。

顔のダイエットにも有効なので、顔にこだわらず食事を改善したり運動を取り入れてみるのもおすすめです。

顔や顎の周りも、体全体の体重が減るのと同時にほっそりとしてくるでしょう。

 

すぐには効果が出ないかもしれませんが、顔ダイエットは継続していくうちに変化がはっきりと感じられます。

むくみ解消による小顔ダイエット

多くの人が顔のダイエットを小さい顔になりたいと思ってしているようです。

 

顔が大きく見えるよ要因がむくみであるときは、顔のダイエットをするためにむくみ解消をするのがおすすめです。

寝起きすぐに自分の顔をみてむくみに驚くこともあるのではないでしょうか。

むくみがとくに病気などの要因がなく起こる場合の原因は、水分がしっかり排出できていないことや、血液やリンパ液のめぐりが悪くなっていることです。

効果的にむくみ顔のダイエットをするには、マッサージがおすすめです。

自己流のマッサージは皮膚を引っ張りすぎて、たるみやしわの原因になるのではないかという人もいます。

そんなに激しくやらなければマッサージをしても平気ですが、後頭部のマッサージをするという方法もあります。

後頭部のマッサージで代謝を良くすることで、かなり小顔ダイエットに有効なのは頭皮を顔はつながっている部分だからです。

冷蔵庫などで冷たくしたタオルと電子レンジで温めた蒸しタオルを準備しましょう。

むくみ解消をするために、タオルを交互にあてて血行を良くしてからマッサージをすると良いのではないでしょうか。

おすすめなのはむくみ取りパックで、ドラッグストアなどでも販売されているようです。

代謝を促すことができる半身浴、サウナ、ウォーキングなどの方法が小顔ダイエットにはおすすめです。

 

顔のダイエットでは顔がむくまないように、普段から代謝のよい生活をしておくこともおすすめです。