【寝るだけダイエット】の効果

【寝るだけダイエット】で効果を得るためには、まずは良質な睡眠をしっかり取る事だと思っていませんか。

確かに、良質な睡眠は様々な部分で良い効果を発揮してくれます。

痩身面でもその効果が出れば、【寝るだけダイエット】になるのは間違いないでしょう。

それに、私たち人間は、1日約7時間の睡眠で、300キロカロリーものエネルギー消費が期待出来るとも言われていますからね。

これが本当で、それをフルに生かせれば、正しく【寝るだけダイエット】の効果絶大という事にはなるでしょうね。

しかし、これまでにも寝るだけで英語が話せるようになるなどという寝るだけなんとかがことごとくヒットしては消えて行った理由。

それはやはり、それなりの効果が出ない人が多いからに他ならないと行っても過言ではない訳で、【寝るだけダイエット】だって、下手をすれば全く同じ存在になってしまうのです。

 

【寝るだけダイエット】で得られる効果はまず、体重減少ではなく、下腹部などの引き締め効果。

ようするに、ぽっこりおなかや下半身肥大症で悩んでいる人にはいいという事ですね。

ただし、一気に何時間もやったからと言って、効果が殆どないのも【寝るだけダイエット】の大きな特徴。

むしろ、一気にやると腰への負担が掛かり、腰痛などの要因にもなりかねないので要注意です。

取り敢えず正しい【寝るだけダイエット】のやり方を知って、それを毎日5分間きっちり続ける事が最も効果を得やすい鉄則なんですよね。

ここで、“えっ、寝るだけなのに正しいやり方なんてあるの?”っと思われる方も少なくないでしょう。

そう、【寝るだけダイエット】は読んで字のごとく、寝るだけでいいと思っていらっしゃる方がとても多いのでちょっと困ってしまいます。

確かに、良質な睡眠を取る事で痩せようというダイエット法があるにはありますよ。

でも、本来の【寝るだけダイエット】のやり方と効果は、そうしたものとはちょっぴり違うんですよね。

 

【寝るだけダイエット】は骨盤矯正によって下半身の引き締め効果を出すというダイエット法です。

ですので、現在ヘルニアなどで腰を治療中だとか、勿論妊娠中の方はむやみやたらとやらないで下さいね。

もしこの【寝るだけダイエット】の効果に魅力を感じ、どうしてもやってみたいと思われたら、まずは主治医に相談された方がいいでしょう。

ただ、腰に大きな病気がなく、妊娠もしていないという人であれば、健康面での効果を考えても、是非毎日取り入れられるといいのではないかと思います。

という事で、こんな【寝るだけダイエット】、その正しいやり方と効果のほどを詳しく知りたい方は、ダイエット関連のブログやサイトをご参照あれ・・・。

<a href=”http://www.plunket.info/” target=”_blank”>酵素ドリンクダイエット</a>

妊娠中にダイエットが必要な人

妊娠中のダイエットは望ましいものではないですが、医師のアドバイスに従ってダイエットをした方がいい方もいます。

体重が大幅に増加したなら、妊娠中でもダイエットが必要です。

一気に妊娠中に体重が増えると糖尿病の原因になったり、妊娠中毒症の可能性もあります。

担当医の診察に基づいて、母体の健康のためにもダイエットに取り組むことになります。

しょっぱいものを食べ過ぎず、適正なカロリーと栄養バランスの食事をするように意識していきましょう。

妊娠中は赤ちゃんと合わせて2人ぶん食べることとは以前は言われていましたが、2人ぶんの食事を摂ってはカロリー過多です。

2000kcalに、胎児のぶんの300kcalを加えた、2300kcalの摂取カロリー量で事足りるといいます。

産道にお肉がついてむちむちになってしまうと難産になりやすくなるので、妊娠中の太りすぎは考えものです。

お産を楽にするためにも、太りすぎないように心がけることが大切です。

お腹の赤ちゃんと、赤ちゃんを育んでいるお母さんが健やかでいられるようにすることが、妊娠中のダイエットの目的といえます。

太りすぎは妊娠中の健康に悪影響を及ぼしますが、増えた体重が+10kg程度であれば問題のない範囲であり、特に問題視せずとも構いません。

出産後は体力も重要になってきますので、妊娠中のダイエットは必要程度に留めて、やりすぎないように注意をしていきましょう。

妊娠中にダイエットをする場合

妊娠中にダイエットをしすぎて、低体重で生まれる子どもがふえています。

母胎と胎児の健康のためには、妊娠中のダイエットは控えるべきです。体重が増えるということは赤ちゃんが育っている証拠であり、出産の準備として不可欠なことだからです。

健康によくないレベルにまで体重が増えた場合に限り、妊娠中でもダイエットをすることになります。

もしも、妊娠している時に体重が増えすぎて、妊娠中毒症になるかもしれないという場合は、ダイエットをしたほうがいいと言われます。

その場合でも、妊娠中に行うダイエットは、単に体重を減らしたり、細くなればいいというわけではありません。

体重制限を医師から指導された場合は、体にいい食事をすること、適度に体を動かす習慣をつけることなどを重視してください。

野菜やフルーツを栄養バランスを考えながら食べるなど、病院の指導に従ってダイエットをすることです。

お腹の赤ちゃんに送る栄養が何より大事なので、カロリーが低くてもダイエット食品などを摂取するだけではいけません。

胎児に必要な栄養を送りつつ、ダイエットをすることです。

体に負担のかかるきついダイエットは妊娠中はやめましょう。

医者の助言はきちんと聞いて、ウォーキングのような体への負荷が少ない運動をします。

せっかくカロリーのあるものを食べるなら胎児の栄養源になるものを選択することなどが、妊娠中のダイエットの考え方といえます。

妊娠中のダイエットと胎児への影響について

お腹に赤ちゃんがいてもダイエットをする人がいますが、妊娠中のダイエットはしていいのでしょうか。

妊娠中でも痩せているという女性が多いことが、低体重で生まれる子どもを増やしているといいます。

妊娠中はとくに体重の増加が気になるものですが、体重が増えるのはお産に備えるために必要なことです。

妊娠中に体の線を崩したくないからと、ダイエットに取り組む女性がいます。

胎児にもダイエットの効果が出てしまうのが、妊娠中のダイエットのネックです。

どうして低体重で出産されるかは色々な理由があり、妊娠中の体調や食事以外にも影響がありますが、妊娠中のダイエットを避けることで低体重予防が可能です。

妊娠中の体重増加を気に病んで、ダイエットをするという人もいるといいます。

出産時の赤ちゃんの体重や、健康状態のことを考えるならば、体型は太りすぎず、痩せすぎずが理想です。

妊娠中のダイエットが原因で、もし赤ちゃんが低体重児として産まれた場合、感染症や合併症にかかる確率が高くなります。

赤ちゃんの中には、体重が少なすぎて息もできないという子もいます。太って見えてきたことを題材に妊娠中の女性を追いつめる発言をしたり、ダイエットをさせるようなことはしないようにします。

丈夫な赤ちゃんを出産するためには、妊娠中はダイエットより体にいい生活習慣が大事です。