半身浴ダイエットの注意点

半身浴ダイエットは人気のダイエット方法ですが、何か注意点はあるのでしょうか。

お肌にもよく、体にもいいという半身浴ですが、体の調子やいつ半身浴をするかによっては、体に良くない場合があります。

お風呂は気持ちよく入ることが大前提ですので、体調が悪いと感じた時は半身浴は控えるようにしましょう。

半身浴は、ご飯を食べた直後にすると消化を妨げることがありますので、食後30分は半身浴をしない方が体にはいいようです。

発汗量が多いことも、半身浴を行う時には注意したいところです。

水分摂取の手段を確保しておくことが、半身浴ダイエットでは大事です。

半身浴の前後に水分を摂り、入浴中もお風呂場に持っていきこまめに水分補給をしましょう。

スポーツドリンクで、水分と共にビタミンやミネラルも補給すると、汗で出ていったぶんが取りもどせます。

半身浴では、お湯の温度が熱くなりすぎると心臓によくありませんので、ぬるめの湯を張るようにします。

半身浴ダイエットを避けた方がいい時は、酔っている時や生理になっている時、風邪を引いている時があります。

アルコールに酔っている時に半身浴をすると、血液に存在しているアルコールのせいで血圧のコントロールができない場合があります。

ダイエットのために半身浴を行う時には、体に負担のかからない方法で行いましょう。

しっかり実践することで、デトックス効果や美容効果など様々な利点があります。

半身浴ダイエットの方法

半身浴は新陳代謝をアップさせるダイエット方法として注目されているようですが、具体的にはどのように行えば良いのでしょうか。

まずは、何をすれば半身浴ができるかを知りましょう。

半身浴は、普段の入浴よりもずっと体に優しいといいます。

湯舟に張るお湯は、38度から40度です。

お湯の温度が低すぎるのではないかと思われがちですが、半身浴はじっくりと時間をかけて体を温めるので、のぼせては意味がありません。

ずっと入っていると湯温は徐々に低下していきますので、必要があれば加温のためにお湯を足すようにしてください。

ダイエットのために半身浴をする場合、みぞおちのすぐ下くらいまで湯が溜まるようにしましょう。

入浴時間はおおよそ20分以上です。

湯をたくさんいれすぎて、胸より高い位置にお湯があると、心臓によくないことがあると言われています。

汗が出始めれば芯まで体が温まっている証拠です。

汗をたくさんかいてダイエットをするのが半身浴でのダイエットですから、水分補給を十分に行いましょう。

ミネラルウォーターなどを準備してから半身浴をするといいでしょう。

浴槽内の温度によっては、上半身を出したままの状態で半身浴ダイエットをすると冷えてしまうという人もいます。

お風呂場が冷えすぎないように、浴槽の蓋をずらしてしばらく置いたり、熱シャワーを室内に播くなどします。

ダイエットのために半身浴をする場合、間違った方法をしないことが大事です。

半身浴ダイエットの効果

半身浴ダイエットが自宅で簡単にできるので人気のようです。

胸程度の深さまでのぬるめの湯につかり、汗をじっくりかく半身浴によって、ダイエット効果を得ることが可能です。

入浴は肩までという考え方をしている人もいますが、胸までの高さのぬるめの湯に時間をかけて入ることで、体の奧までしっかり温まります。

どういったダイエットの効果が、半身浴をすることで得られるものなのでしょう。

時間をかけて半身浴をすることでたっぷり汗をかき、体の中に滞っていた不要な水分や老廃物を体外に出すことができるといいます。

手足や顔がむくみやすいという人は、半身浴で水分の排出を促すことで、むくみが解消できます。

半身浴には血行を促進して新陳代謝を高める効果もあるといいます。

新陳代謝がアップすると太りにくい体質になることができ、肌もきれいになります。

血液が流れやすくなるほど、脂肪の燃焼効率もアップすると言われています。

マッサージを施しながらの半身浴ならば、一層ダイエット効果が高くなるでしょう。

冷え症や低体温症の改善にいいだけでなく、半身浴をしながら体を休めることでストレス発散作用もあります。

体脂肪を燃焼させ、ダイエットを成功させるには、ストレスの解消と、新陳代謝の促進は欠かせないことです。

簡単にできて、体にいもいい半身浴で、ダイエット効果を存分に引き出しましょう。