ダイエットの停滞期を乗り切る方法

停滞期に入ってなかなか体重減少が見られなくなると、ダイエットへのモチベーションが下がります。

体重だけがちっとも減らず、空腹のつらさや運動のキツさは最初と何ら変わりません。

やりがいを感じなくなって、停滞期中にダイエットを挫折する人が多いのもわかります。

上手に停滞期を乗り越えることで、ダイエットを成就させることが可能となります。

停滞期はダイエット中に起こりずっと続いていくものではないようです。

人によって差はありますが、一カ月ぐらいで終わるのが通常です。

必ず停滞期が過ぎることを信じて、とりあえず現在の体重を維持するように心がけるようにするのがおすすめです。

目先の体重の増減に慌てることなく、今までやってきたようにダイエットを継続すれば良いでしょう。

ダイエットが成功していることによって、停滞期に入ったという見方もできるといえるでしょう。

停滞期が終われば再び体重は減っていきますから、減った時に備えて体をつくっておくことです。

生活習慣の見直しや、食事を考え直したりすると良いでしょう。

今後もダイエットを継続するかどうか、停滞期のときにこそ振り返って考えるチャンスではないでしょうか。

けっして停滞期に焦ってはいけません。そのまま淡々とダイエットを無理なく継続することによって、停滞期を乗り越えることができるのです。

ダイエットの停滞期が起こる理由

体のどのような仕組みが要因で、ダイエットをすると停滞期が起こってしまうのでしょうか。

停滞期というものをダイエット中に迎える要因というものがあるのです。

人間の体には危機的状況でも体が一定の状態を維持できるように、ホメオスタシオスという機能が備わっています。

人間が生きられる程度の数値に、体温や血糖値などをキープするために、代謝やエネルギーの吸収率などを操作するそうです。

食べることを何か理由があってしない状況で数日経つと、何とか体を維持しようとする働きを、危機的な状態にあると判断した体がするようになります。

一回の食事から吸収するエネルギー量を増加させたり、低カロリー摂取でも体内のエネルギーが不足しないように代謝を低下させたりするのです。

これが原因でダイエットの停滞期が起こります。あまりカロリーを摂取しなくても、基礎代謝や運動するときのカロリーが減るのを抑えて体を存続できるようにするのです。

ホメオスタシオスの機能のおかげで、生きていくためには不可欠とはいえ、ダイエットしてもカロリーが消費されにくくなり、体重がなかなか落ちないのです。

ダイエット時の停滞期の仕組みです。停滞期中は、体はなるべく余分なエネルギーを使わないようになります。余剰が少しでもあるとエネルギーの蓄積を体脂肪としてしていきます。

危機感を脳がカロリーが少ない状態に対して覚え、促していくのがホメオスタシオスの活動なのです。

停滞期がダイエットをしている間に起こるのは自然なことだともいえるのではないでしょうか。ダイエットがしっかりとできているという証明でもあるので、大事なのは停滞期にきちんと対策を取ることなのです。

ダイエットの停滞期について

停滞期に入って突然痩せにくくなることが、急なダイエットをしている場合にはあるようです。

体重はどんなにダイエットをしてもなかなか減少しません。

少し油断して多めに食べてしまったことで、やっと減った体重がまた増えてしまうこともあるといいます。

停滞期中のダイエットは精神的に厳しいもので、多くの人がこの段階でモチベーションを失ってしまうようです。

ダイエットを停滞期に中止することによって、もっとリバウンドしやすくなってしまうのが人の体というものです。

最終的に、体重がダイエットする前よりも増加してしまうことも多いといいます。

平均的に3週間ほど停滞期は続きますが、短い人だと1週間ぐらいだそうです。

ダイエットの成果があがってまた体重が減っていくようになるのは、停滞期を乗り越えたときです。

1回で停滞期はもう来ないわけではなく、また一定の期間をおいて停滞期が始まります。

順番にやってくるのが、ダイエットが進む時期と停滞期なのです。

ずっと停滞期が継続するわけではないので、重要なのはダイエットを中途半端にやめないということです。

停滞期が来ても、いつかは終わるものと考えてダイエットを継続する意思がダイエット成功には必要です。

ダイエット方法の中には、極端な食事制限などの停滞期が長期になりやすいものがあるといいます。

ダイエット方法の中でも停滞期が起こりにくいものを探しておくようにしましょう。どのようなダイエット方法なら自分にとって良いのか、停滞期のことも考慮しながら探してみましょう。

ダイエット成功のためには、停滞期を乗り越えることが不可欠なのです。