マイクロダイエットとリバウンド

マイクロダイエットはダイエット効果も高く、かなりの実績があるダイエット方法の一つです。マイクロダイエットによく似た製品も数多くあるようです。味や舌触りに変化を持たせたマイクロダイエット用の専用食も作られており、飽きがこないように考えられています。

飲むタイプばかりでは食べた気がしないということで、パスタやリゾットに似た形のマイクロダイエット食もあり、ダイエット中でも変化に富んだ食事が楽しめます。マイクロダイエットで気をつけてほしいのはリバウンドです。マイクロダイエットは基本的には食事を制限するダイエットです。リバウンドは、マイクロダイエットをやめてこれまでと同じ食事にした時に起こりうることがあります。人によっては、数ヶ月かけて減らした体重が3週間程度で戻ってしまったともいいます。

マイクロダイエットをしている間はカロリー摂取量が少なめでしたが、元通りの食事に戻して多くのカロリーを摂取すれば体重が増えるのは自明です。2食をマイクロダイエットにしていた場合、体は慢性的な飢餓状態に陥ってカロリーの吸収率が上がっており、リバウンドしやすい体質になっています。マイクロダイエットを一段落させた後も、どのような食事を摂っていくかは慎重に考えなければなりません。マイクロダイエットは体重を効率的に減らすにはいい方法ですが、ダイエットが終わっても気を抜かず、体型維持の気配りを続けていきましょう。

マイクロダイエットの効果をあげるには

マイクロダイエットのために作られている食事は、会社によってやや違いはあるものの、基本的には一食につき150キロカロリー~180キロカロリーほどとなります。多くの代替食はドリンク状で、一食につき200キロカロリー前後が摂取できます。

1日に体が求めるカロリー量は、大人の女性の場合は1600~1900キロカロリーが基準となります。1回の食事で700キロカロリーを取り入れることが、基本の量です。マイクロダイエット食を1日1度置き換えた場合は、食事によって1日で摂取するカロリー量は1600キロカロリーほどです。どうしても必要なカロリーだけを摂取することになります。マイクロダイエットを続行することで、生命活動に必要な栄養量は確保し、脂肪燃焼効果は運動などで効率良く行えます。

マイクロダイエットでは、3食のうち2食を代替食にして極端に摂取カロリー量を減らすという方法もあります。1日の摂取カロリーはおよそ1200キロカロリー程度まで落とせます。1日に必要なエネルギー量を下回るので、普通にしていても体重は減ることになります。マイクロダイエットは3食どの食事と変えてもいいですが、夕食との置き換えが効果を発揮します。夜はカロリー消費がさほど多くないため、夕食をマイクロダイエットに置き換えることによって体への負担をかけずに効率よくカロリーを使うことができます。

マイクロダイエットとは

脂肪を減らさなければ健康を損なうとされる肥満に対する治療としてマイクロダイエットは作られました。様々なダイエットが広まっていますが、医療の立場から行うダイエットは運動と食事制限です。健康面から見た場合、医学上肥満に値しない限り、ダイエットはしないほうがいいといわれます。

マイクロダイエットとは、アメリカで肥満治療を目的として作られたカロリー抑制によるダイエット方法です。肥満とはそもそも、カロリー過多の食習慣によって起きるものです。カロリーを減らした食事を続けることで体脂肪の燃焼を促進することが、マイクロダイエットの意図するところです。食事制限はただカロリーを減らすだけでなく、体に欠かせない栄養成分をしっかり含む代替食で栄養摂取をすることも大事です。

極端に食事を制限すると著しく健康を損なったり栄養素の欠乏症状が起きることがあるため、マイクロダイエットではその点を配慮しています。マイクロダイエットでは、食事の摂取を少なくすればそれだけ脂肪が燃焼されてエネルギーになり、ダイエットができるという理論に基づいています。マイクロダイエットを実践し体重を減らした方は大勢います。マイクロダイエットを実際に行った人の多くが、この方法を実行して無事に体重を減らすことができてと言っています。アメリカでは医師のお墨付きの付いた、有効的なダイエット方法の一つです。