カテゴリー別アーカイブ: ダイエット商品

【薬事法】と健康食品の関係

【薬事法】は医薬品や医薬部外品、化粧品、医療器具を規制する法律ですが、これに健康食品は含まれていません。

最近、いろいろな健康食品が出回っていて、その効果について良くテレビや雑誌などでも紹介されていますよね。

中には薬を飲むよりも効果があるような健康食品もあったりしますが、【薬事法】には健康食品に関する規定はないんです。

ちょっと意外な感じがしますよね。

【薬事法】は医薬品、医薬部外品、化粧品、医療器具の有効性や安全性を規制して人の保健衛生の向上を図る目的でできた法律。

健康食品の有効性は【薬事法】のこの観点から、まだ認められていないということのようです。

インターネットでも【薬事法】について詳しく調べることができますので、気になる方はチェックしてみるとよいでしょう。

 

【薬事法】に健康食品は含まれていませんが、全く規制がないわけではありません。

上記のように、健康食品の効果や効能は医療の観点からは認められていないので、医薬品のような効果があると広告を出すことは【薬事法】違反になるんです。

健康食品ブームの今、食べれば便秘に効く、飲めばシワとりに効果があるといった広告はあちこちで見られますが、【薬事法】違反に当たるものがとても多いんです。

でも、健康食品の効果や効能が分からなかったら、誰も買いませんよね。

【薬事法】で健康食品の効果を広告することが禁止されているなら、消費者がどこからかその効果聞いて買いに来てくれるのを待つだけということになります。

これでは健康食品の会社も商売になりませんよね。

【薬事法】は健康食品会社泣かせのようですが、しっかりと医学的根拠のあるものを探したい人にはありがたい存在かもしれません。

 

【薬事法】には含まれていないけど、体にいい、利益があるとされる商品は他にもあります。

ダイエット食品や美容食品、サプリメントなどがそれにあたりますが、こちらもやはり、【薬事法】による広告規制があります。

サプリメントが【薬事法】の管轄ではないなんて、驚きですよね。

サプリメントは食品に分類されるので、先ほどの健康食品と同じく医薬品のような効果があるといった広告はできないんです。

これら健康食品やサプリメントは、医薬品と区別するために使っていい形状や、用法や用量の表現方法が【薬事法】で規制されています。

基本的には医薬品と勘違いしやすい形状や用法用量の表現はできないと【薬事法】では言っているということです。

健康食品は、人によっては効果があるかもしれないけど現段階では医薬品に期待できるような安定した有効性や安全性は認められないというのが【薬事法】の観点。

【薬事法】では健康食品は病気の治療や予防に用いられる医薬品ではなく、あくまでも食品であるということを頭に入れておきましょう。

 

<a href=”http://発毛剤.asia” target=”_blank”>発毛剤ランキング</a>
<a href=”http://futbolmundial2010.com/” target=”_blank”>ミノキシジル注射</a>
<a href=”http://www.plunket.info/” target=”_blank”>酵素ドリンクダイエット</a>