【薬事法】違反の広告

【薬事法】は風邪薬や胃薬をはじめとした医薬品はもちろんのこと、例えばニキビ予防のクリームのような医薬部外品、化粧品、医療器具などについても規制しています。

【薬事法】で規制されている品目を販売する場合には、厳しいルールがあります。

テレビを観ていると必ずといっていいほど、薬や化粧品のCMを見かけますよね。

雑誌やインターネットなどありとあらゆる所で医薬品、医薬部外品、化粧品などの広告を目にしますが、この広告の仕方についても【薬事法】では規制をしいているんです。

売る側としては消費者に買ってもらうために「この商品はこんなに効くんですよ!」とできるだけアピールしたいわけですが、それが度を過ぎると【薬事法】違反になることも。

消費者にとってはその広告が誇大であるかは使ってみないと分からないですよね。

【薬事法】ではそんな消費者を保護するために誤解を与えるような広告を規制しているというわけなんです。

 

【薬事法】に違反している広告にはどのようなものがあるのでしょうか。

よく、「この商品を使ったらニキビがこんなに良くなりました」という体験談とともに使用前と後の写真が掲載されていることがありますが、実はこれ、【薬事法】違反なんです。

そんな広告、あちこちで見かけるのでこれが【薬事法】違反なんて驚きですよね。

テレビなんかでも大々的にこの方法で宣伝している商品もあるのに、【薬事法】違反で取り締まりできないの?と思ってしまいます。

体験談や使用前後の写真が【薬事法】違反に当たるのは、その商品を使えば必ず同じ効果が得られるという誤解を与えかねないという理由から。

テレビでよく見るニキビ用基礎化粧品などではそんな【薬事法】に考慮して「個人差があります」などといった注釈を入れていますよね。

全ての人が同じ効果を得られるわけではない旨を明示すれば、体験談や写真を使っても【薬事法】違反から逃れられることができるというわけなんです。

 

【薬事法】では商品説明の表現方法、言い回しなどについても規制しています。

例えばエッセンシャルオイル配合でいい香りのする化粧水がよくありますが、「スキンケアしながらアロマセラピー」といった表現は【薬事法】違反になってしまうんです。

これはセラピーが治療を意味する言葉なので、化粧品の広告で使用することを【薬事法】で禁止しているからなんです。

また、【薬事法】では化粧品の効果や効能の範囲外のことを広告で表現することも規制しています。

例えば「漢方成分甘草配合」などは医薬部外品としてはOKでも、化粧品としては効果の範囲を逸脱してしまうので【薬事法】に引っかかるというわけなんです。

消費者としては少しでも効果のあるものを選びたいので広告の甘い文句に惑わされがちですが、【薬事法】はそんな私たちを保護してくれているんですね。

酵素ドリンクダイエット

【薬事法】とは

【薬事法】とは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具の品質、有効性と安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、保健衛生の向上を図るための法律です。

医薬品は頭痛薬や風邪薬など私たちにも理解しやすい品目ですが、同じく【薬事法】で規制されている医薬部外品は表示は見かけますがどんなものを指すのか曖昧ですよね。

化粧水でもたまに、医薬部外品と表示されているのも見かけたりしますが、この場合その化粧水は【薬事法】上化粧品ではなく医薬部外品に分類されます。

【薬事法】では医薬品、医薬部外品、化粧品、医療法具について、それぞれの効果や効能の範囲を規定しているんです。

化粧品は【薬事法】では人の身体を清潔で健やかに保ち、美化する目的で使用するものを指します。

それ以上の効能があるものは【薬事法】では医薬部外品に位置づけられるというわけなんです。

最近では、トクホという制度もできたように、健康への効果や効能が高い食品も多く開発されていますよね。

しかし【薬事法】では健康食品やダイエット食品、美容食品などの規制は基本的にしていません。

 

【薬事法】では規制されていないこれらの食品の中には、「飲み続ければ血糖値が下がる」や「食べるだけで痩せる」なんて宣伝しているものもあります。

食べ物で効果があるなら薬を飲むより手軽でいいと人気のこれらの食品、実は医薬品のようなこれらの効果を宣伝することは【薬事法】で禁じられているんです。

そもそも健康食品やダイエット食品などは現時点で体に医学的な効果は認められないとされているのが、【薬事法】の規制品目に入っていない理由。

だから健康食品などに医薬品のような効果があると広告することは【薬事法】違反になるというわけなんですね。

【薬事法】で規制されている医薬部外品とは一体なんでしょうか。

【薬事法】では医薬部外品は医薬品に順ずるもので、配合成分の効果や効能は認められているけど治療に積極的に使われるものではないアイテムを指します。

例えば制汗スプレーや痒み止めクリーム、育毛剤なんかが【薬事法】では医薬部外品に分類されます。

 

【薬事法】で医薬部外品として販売されている身近な商品に、乾燥肌の女性に絶大な支持を得ているアルビオンのスキンコンディショナーがあります。

これはこの商品が【薬事法】で定められた化粧品に期待される効果より高い効果のある成分を配合しているため医薬部外品の扱いなんです。

だから一般的に化粧品と呼ばれる商品でも医薬部外品と表示のあるものは、【薬事法】によりそれなりの効果や効能が認められているというわけなんですね。

逆に化粧品として販売されているものに、医薬部外品に分類されている成分の広告をすることは【薬事法】違反になります。

高い効果を求めて商品を選ぶ際には、その商品が【薬事法】のどの分類にあたるのか良く見極めるようにしたいですね。

【薬事法】関連の情報はインターネットで詳しく調べることができます。

酵素ドリンクダイエット

【脂肪吸引】施術と傷​跡

【脂肪吸引】の手術には切開が伴いますから、当然その傷跡が残るという問題があります。
最近は抜糸不要の溶ける糸で縫合するクリニックも多く、それの方が傷跡が残りにくいとも言われていますよね。
でも、実際にはその方が傷跡が残る事も多いらしいので、抜糸を要する【脂肪吸引】手術を選択される方がいいとおっしゃる専門家も少なくありません
いずれにせよ、やはりアフターケアのしっかりしたクリニックを選ぶ事は絶対条件でしょう。
特に【脂肪吸引】の切開部位というのは、何度もカニューレと呼ばれる管が手術中に摩擦を起こすため、傷跡が大きく残りやすい友言われています。
勿論、驚くほど綺麗に消える人もいるにはいるようですが、確率的には決して高くない数字。
これもまた【脂肪吸引】のリスクの一つだと考えておいた方が無難なのかも知れませんね。

【脂肪吸引】の傷跡は、時に痣のようになって、ずっと残る事も珍しくないとか・・・。
ただ、クリニックによっては、レーザーや切開手術で、なるべく目立たなくしてくれるところもあります。
そうかと思えば、知らん顔というクリニックもあるので、そういう事も事前にきちんと調べた上で【脂肪吸引】手術を受けた方がいいのは確かでしょう。
因みに、多くの場合、こうした傷跡の消去手術は7万円程度。
これを【脂肪吸引】手術の一環として認めてもらえるかどうかは実に大きな問題です。
セット価格に含まれているのなら納得出来ますが、追加料金が要るとか、全く別料金だとかって言われたら、それこそ泣いてもどうしようもないですよねぇ。
しかも、【脂肪吸引】手術においては、よくある副作用みたいなものだとおっしゃるドクターも多いので、尚更最初のチェックは肝心です。
必ずカウンセリングの際に、傷跡についての話し合いもとことん氏、しっかりと録音しておかれる事をお勧めします。
きついように思われるかも知れませんが、【脂肪吸引】は何十万円も出して行なう手術なんだから、その位は当たり前でしょう。

【脂肪吸引】の傷跡は、切り口以外にも出る事があって、その全てがレーザーで消せるというものではありません。
故に、ドクターの腕前が非常に大きく自分の未来を変えると言っても過言ではないのです。
せっかく【脂肪吸引】して、堂々とナイスボディーを見せられるようになるはずだったのに、傷跡があってそれが出来ない。
特に足や腕については、こういう事が往々にしてありますから、くれぐれも気を付けて欲しいと願わずにはいられません。
やはり事前に関連のブログやサイトで本当にいいクリニックや【脂肪吸引】の情報を十分収集していただきたいものです。

【脂肪吸引】の費用

【脂肪吸引】は立派な医療行為で、医師免許を持つ美容整形外科医によって行なわれる外科手術です。
が、しかし、当然のごとく、美容的観点から求める医療行為な訳ですから、健康保険など利くはずはなく、費用はそれなりに高価です。
効果は高いが費用も高価だというのが【脂肪吸引】、それが最大のリスクだと言っても過言ではないでしょう。
ただ、最近は昔に比べれば随分安価になり、初期の頃の半分くらいの費用で実施されているところが増えているのは確かです。
また、【脂肪吸引】する部位やクリニックによっても大きく異なりますので、まずはいろいろと調べてみられる事が大切でしょう。
直接クリニックへ出向き、カウンセリングを受けながらいろいろと注文を出し、最終的な【脂肪吸引】手術の費用見積を出してもらわれるのもいいと思いますよ。

【脂肪吸引】は外科的手術で、麻酔も使いますから、やはり費用は全体的に見て高価です。
また、相場というのがあるようでないのも面白いところなのですが、どんなに安く見積もっても、10万円を切る事はないでしょう。
【脂肪吸引】の費用はいくら位掛かると思いますかと聞かれて、多くの方がそう答えられます。
でも、大手美容整形外科では、小顔施術に対しては、8万円前後の価格表示を出しているところもありますからね。
必ずしも【脂肪吸引】は何十万、いや、何百万もするというようなものでもなさそうです。
ただ、ここもあそこもと言い始めれば、勿論それなりに費用は増します。
全身の【脂肪吸引】を実践しようと思えば、やはり100万円以上の巨額な手術にもなりかねないでしょう。
なので、最近はローン制度を導入しているクリニックも多数存在します。
つまり、一気に【脂肪吸引】した後で、コツコツ費用を支払うというスタイルです。

【脂肪吸引】は比較的リバウンドの可能性が低く、非常に有効的な痩身法だと言われています。
しかし、当然ですが、油断をすればその限りではない訳で、自分を常に戒めておくためにも、手術費用を後払いの分割にしておくのは一つの手だと言えるのかも知れません。
何より、まとまったお金が段取り出来なくても【脂肪吸引】が出来るというメリットもありますしね。
因みに、やはり吸引する脂肪の量と肉体的負担の大きい部位は費用も高い。
おなか周りの【脂肪吸引】なら、最低でも30万円以上掛かるものと思っておいた方が良さそうです
最も脂肪を落としたい部位だけに、これはちょっと痛いという事で、冷や汗をかいて痩せられるといいのですが、中々そうもいかないものでねぇ。
やはり美容関連のブログやサイトで少しでも安く安心安全なクリニックを見付け出し、【脂肪吸引】に踏み切りたいと思われていらっしゃる方も多い事でしょうね。

 
 

 
 
 
 
 

二の腕の【脂肪吸引】

【脂肪吸引】は局所的な痩身効果の高い施術ですから、二の腕や太ももなどには最適だと思われます。
特に二の腕は、元々運動量が多く、皮下脂肪の付きにくい部位ではあるのですが、故に、一度脂肪が付くと、非常に落ちにくい部位でもあります。
なので、【脂肪吸引】で余分な脂肪を吸い取るのは、最も効率良く腕を細くする方法と言えるでしょう。
しかも、下腹部やお尻と違って、余分な脂肪の量もそれほど多くありません。
さらに、内臓にも直接影響を与えにくく、とても容易な【脂肪吸引】部位でもあるのです。
とは言っても、それなりの腫れや痛みは伴いますから、術後すぐに普段通りの生活が出来る訳ではありません。
その辺りも含め、【脂肪吸引】施術のリスクをしっかり知った上でトライされる事は大切です。

【脂肪吸引】手術に皆さんが求められる事は、すぐさまスレンダーなボディーが手に入る事でしょう。
そして、二の腕は最もそれが実現しやすい部位だと思われます。
なぜなら、比較的少量の【脂肪吸引】で理想の結果が出る確率が高いからです。
当然ですが、吸引する脂肪の量が増えれば、それだけ手術は大掛かりになります。
また、財布や体への負担も大きくなるものですが、二の腕の【脂肪吸引】なら、日帰り手術が可能なので、コストが大幅に削減出来ます。
因みに、片腕につき手術時間は約40分前後、通常は左右別々の日に行ないます。
まあその間、多少左右の腕の見た目のバランスが悪いというリスクはありますが、肉体への負担も軽く、最も安心安全な【脂肪吸引】手術と言えるでしょう。
勿論、術後もサポーターなどをすれば、それなりに仕事や家事が出来ますし、特別な食事制限等もありません。
厚着をされる事の多い冬場なら、周囲の人たちに気付かれる事なく【脂肪吸引】手術が受けられるのが二の腕なのです。

【脂肪吸引】手術の中でも、最も効果的でドクターお勧めの部位、それが二の腕です。
まあ昔は女の細腕で頑張っておられた方も多かったのですが、今は皆さん、立派な二の腕をお持ちの方も多いですからね。
プチ整形感覚で出来る【脂肪吸引】手術で見栄えを整えられるのも悪くはないでしょう。
ついでに肩や背中の脂肪も吸引すると、より一層バランスよく見せる事が出来ます。
ただし、どこの美容整形外科で【脂肪吸引】手術を受けるかが重要で、特に二の腕のように人目に付きやすい部位は、ドクターのセンスが物を言いますからね。
美容関連のブログやサイトでその辺りを含め、しっかりとした【脂肪吸引】の情報と医師を捜される事をお勧めしたいですね。

小顔になれる【脂肪吸​引】手術

 

【脂肪吸引】というと、下腹やお尻、それに太ももと言った下半身に用いるものだと思われがちですが、なんと最近は顔もありなんですねぇ。
しかも、顔なら手術時間も20分前後で、入院も通院も不要という正にプチ整形感覚です。
とは言っても、勿論【脂肪吸引】は立派な外科的手術ですから、それなりにリスクも伴います。
しかし、中々運動療法や食事療法では効果の出にくい部位だけに、価値と人気はあるようです。
確かに、頬や顎の【脂肪吸引】をすれば、それなりに小顔効果は出るものと思われますし、目鼻立ちがはっきりする事への期待も持てます。
おまけに、日帰りで手軽に手術が受けられる友なると、心動かされる女性も多いのでしょう。
数ある【脂肪吸引】手術の中でも、比較的メジャーな手術だと言われています。

【脂肪吸引】手術は、必ずどこかしらの皮膚を切開し、そこからカニューレと呼ばれる細い管を入れて脂肪を吸引するもの
それは例え顔面であっても全く同じですが、その傷跡が皆さん気にならないものなのでしょうか。
因みに、顔の【脂肪吸引】に関しては、耳の後ろ辺りを数ミリ切開して行なうらしく、抜糸の必要性もないとは言われています。
また、2~3日安静にしていれば腫れや痛みも落ち着くそうなので、金曜日辺りに手術を受けられるOLさんも多いとか・・・。
確かに、それなら傷も殆ど目立たないでしょうし、日常生活の面からも、【脂肪吸引】して小顔になった事が分かりにくいかも知れません。
ちょっとプチ断食に挑戦して成功したのよ~とかなんとかと言って、うまくごまかせそうですよね。
この辺りも、【脂肪吸引】で小顔効果を得る事が人気になっている理由なのかもっと思いました。

【脂肪吸引】は元々脂肪が付きやすく、落ちにくい部位に絶大なる効果を発揮すると言われていますから、そういう意味では顔にはとても有効的だとも考えられます。
体重が増えれば必ず顔かたちが変わると言われるように、頬や顎の脂肪というのはとても付きやすいのですが、一度付くととにかく頑固。
ちょっとやそっとの減量に成功しても、顔が元通りの大きさになる確率は低く、【脂肪吸引】ほど確実な結果が出ないからです。
それに、ボディーはスレンダーでも、顔だけが大きくて、それがコンプレックスになっていらっしゃる方も多いですよね。
なので、そういう方なら、より一層【脂肪吸引】による小顔施術は意味と価値があるのかも知れません。
ただし、それなりのリスクを伴うという事だけは忘れてはいけませんから、やはり正しい知識を持つ事は絶対に大事です。
まずは美容関連のブログやサイトで【脂肪吸引】についてちゃんと学習してから小顔効果をもとめるべきかどうかを考えたいところですね。

 
 

 
 
 
 

【脂肪吸引】とは

【脂肪吸引】とは、最も早く、最も確実に痩せられる方法だと言っても過言ではないでしょう。
ただし、最も高価に痩せる方法とも言える手段で、ダイエットとは言い難い部分もありますよね。
ただ、最近は日本でも美容整形の理解と受容が増し、それとともに【脂肪吸引】の技術も急激に進歩しました。
今では多くの美容整形外科が取り扱う代表的な施術の一つです。
つまり、それだけ【脂肪吸引】施術を受ける人が多いという事なのでしょう。
そうなると、当然いい結果も増える代わりに、悪い結果も増えます。
やはり私たち利用者は、それをしっかり把握し、正しい知識を持って【脂肪吸引】に挑む事が大切だと言えるでしょうね。

【脂肪吸引】は簡単に言えば、掃除機みたいな吸引器で余分な皮下脂肪を吸い出してしまおうという手術。
理論的には実に単純明快で、その内容も結果も、とても分かりやすい痩身法です。
しかし、その吸引器で皮下脂肪を吸い取るためには、皮膚の内側に侵入させなければなりませんから、【脂肪吸引】は切開を伴う手術という事になります。
となると、最近流行りのメスを使わない容易な美容手術とは大違い。
【脂肪吸引】はメスを使うかなり大掛かりの手術だと考えておくべきでしょう。
そのため、正規の外科医のいる美容外科でしか実施する事が出来ません。
また、私たち【脂肪吸引】を受ける側も、それなりのリスクを覚悟しておく必要性は否めないのです。
とは言え、確実に脂肪を減らせるという大きな大きなメリットを持ち合わせています。
加えて、脂肪が減るという事は、脂肪細胞も共に減るという事になりますから、ここに【脂肪吸引】の最大のメリットがあるものと思われますね。

【脂肪吸引】の手術は、まず除去したい部位の脂肪を柔らかくし、そこにカニューレと呼ばれる吸引用の管を通して柔らかくなった脂肪を吸い取って行きます。
大抵の場合、術後すぐは痣や痛みなど、様々な症状が出ますが、時間の経過とともに自然に落ち着き、脂肪を吸引した部位については痩身が実現する訳です。
そういう意味では、特定の部位のみをとにかく細くしたいという人にとっては、【脂肪吸引】はかなり有効的な手段と言えるでしょう。
女性なら誰だって太っているよりは痩せている方がいいと思うもので、それなりにいろいろと努力もします。
されど、それでも中々思うような結果が出ないとなれば、ついつい考えてしまう【脂肪吸引】。
その魅力は言うまでもありませんが、勿論健康保険など全く持って使えませんから、リスクも高く、費用も高い痩身法でもあります。
それを踏まえ、まずは関連のブログやサイトでしっかりと【脂肪吸引】とはどういうものなのかを知って初めて検討出来るものではないかと思いますね。