【マタニティピラティス】

【マタニティピラティス】は、出産に向けてとても大きなサポートをしてくれます。

何故なら、骨盤の底筋を鍛えるとともに、分娩時に取る前傾姿勢を確立出来るからです。

実は【マタニティピラティス】で最もポピュラーな猫が丸まったような姿勢、あれこそが産みの苦しみの時に味わう姿勢と力みそのものなんですよ。

ですから、それを予め体で習得しておく事で、楽なお産が期待出来るという事ですね。

実はあの猫のような姿勢、ピラティスでは「オール・フォー・キャット」とかと呼ばれていますが、ヨガにもあるのはあります。

しかも、非常にオーソドックスなポーズで、ヨガをやられた経験のある方なら、すぐ思い出される事でしょう。

なので、じゃあ、【マタニティピラティス】じゃなくて、マタニティヨガでもいいんじゃないの?っと思われるかも知れませんが、それがそうでもないんです。

 

【マタニティピラティス】もマタニティヨガも、妊娠中の運動不足や出産に向けての姿勢と体力を整えるという面では効果を発揮する事でしょう。

ただ、ピラティスとヨガでは呼吸法が異なり、妊婦さんにはピラティスの方が適しているのです。

何故なら、マタニティヨガは腹式呼吸なのに対し、【マタニティピラティス】は胸部呼吸だからです。

ほら、よく胸で呼吸するよりおなかで呼吸した方がいいなんていわれるじゃないですか。

でも、プレママが大きなおなかで呼吸しながらマタニティヨガや【マタニティピラティス】をやるのって、すっごく大変でしょう。

それに、妊娠中は、元々腹式呼吸では十分な酸素供給が出来ないというのがあります。

ならば、最初からたっぷりと胸で息を吸ったり吐いたりしながら進めて行く【マタニティピラティス】の方がベターだという事になって来るんですね。

 

【マタニティピラティス】は、最近は大きな産婦人科でも定期的に講座が開かれていて、通院患者さんなら、誰でも安価に通える事がよくあります。

後、大手のヨガスタジオやフィットネスクラブなんかにもマタニティ専門のクラスがありますね。

ただし、【マタニティピラティス】はおなかの中の赤ちゃんやプレママに負担が掛からないように、限られたポーズで構成されているという事を知っておきましょう。

つまり、一般のピラティスのプログラムでは非常に危険だという事です。

確かに、よく見ると、通常のピラティスと【マタニティピラティス】とでは、随分内容が異なりますね。

どこのスタジオにも専門のインストラクターがいて、そういう人たちが病院などにも教えに行っていらっしゃるのだとか・・・。

という事で、そんな【マタニティピラティス】、興味と必要性を感じる方は、関連のブログやサイトで情報収集されてみてはいかがでしょうか。

ライザップで短期間集中ダイエット! マンツーマン指導で徹底的に絞り上げます。