禅食を使った韓国のダイエット

禅食は韓国の僧侶が以前から食べていた健康食品でダイエットにも効果的だといわれています。

いろいろな食品を粉にしたもので、穀物や野菜、海藻、魚介類が入っており、伝統的な自然食品として韓国では昔からよく活用されてきたといいます。

今ではデパ地下に専用コーナーができるほどの人気で、多くの人が健康やダイエットのために禅食を活用しています。

ミネラル、食物繊維、たんぱく質などが多く含まれており、栄養価の高い食品だといえます。

療養食として韓国では大学病院で使用されていたり、赤ちゃんの補助食としても活用されているといいます。

味はきな粉に似ていて甘く香ばしいようで、ダイエットに良いのはお腹の中でちょうど良く膨らんで満腹感を得やすいからだそうです。

この禅食を利用してダイエット方法が日本でも人気のようで、韓国だけでなく注目されているようです。

摂取方法は案外簡単で、豆乳、ココア、牛乳に溶かしたり、食事にそのままふりかけるなどして摂ります。

韓国では、食べるものは体に良いものでなければならないという考え方があります。たとえダイエットに活用する場合でも、なるべく健康に良いものを摂取しようとするのが普通です。

さまざな効果のある食品なので疲れをとったり、食事で不足しがちな栄養を補ったりとダイエット以外にも有効です。

日本でも近頃は禅食を売っている会社が増えており、簡単にダイエット専門の通販などで手に入れることがで可能です。

“禅食を使った韓国のダイエット” への1件の返信

  1. ピンバック: randy

コメントは受け付けていません。