月別アーカイブ: 2011年10月

メタボ体型と診断されたら

体型を診断することは健康管理をする上で大切なことです。メタボリックシンドロームはメタボとも呼ばれており、中高年の男性に特に注意が喚起されているものです。メタボかどうかは、腹回りのサイズの他に血液中の脂質やコレステロール値、血糖値などで診断され、生活習慣病の危険性がわかります。メタボ体型か知りたい場合は、まず腹囲のサイズを測る必要があります。女性は90㎝、男性は85㎝以上の腹囲がある人は、メタボ体型の可能性があります。メタボかどうかは、体重によって判断するものではありません。体重は決して多くないという人でも、メタボと診断される可能性はあります。メタボは、体重よりもお腹の脂肪が多いかどうかがポイントです。もしも対策が必要だということになったら、食べ物を見直しましょう。メタボと診断された人の多くは脂っこい食事を好むので一つの原因になっています。油脂の多い食材は食べ過ぎず、食べたいだけ食べるような食生活はやめて、バランスを考えた食生活をしましょう。普段から運動をする機会がないという人が、メタボには多いといいます。加齢と共に運動の頻度は減っていくようですが、体を使うことは健康な体づくりには重要です。メタボ体型と診断された人は、できるだけ体を動かすように健康管理にも気を配ることで、生活習慣病を予防することができます。