月別アーカイブ: 2011年8月

減量中の食事と体重

食べる量を調節することでダイエットをする人は多いようです。減量という単語から、食事制限によるダイエットを思い浮かべる人は少なくありません。油分を減らしたり、甘い物を減らすと言った偏った食事方法ではなく、バランスよく食べる事が減量をする時には大切なのです。炭水化物や揚げ物は太ると言って、まったく食べない人もいますが、栄養バランスの取れた食事をする事が体に負担の少ない上手な減量方法になります。極端な食事制限による減量をすると、体に最低限必要な栄養を摂取できなくなり、反対に太りやすくなる傾向にあります。ダイエットにためにと朝食を抜く人もいるようですが、ダイエット時の食事は1日3回食べましょう。その場合、昼の時点で栄養が足りない身体がまとめどりをしようとするので、逆に良くありません。1日に2回しか食事をしない状態は、取り入れたエネルギーを使わず貯めようとするため、ダイエットには向かないのです。食事を減らすと、減らしたその時だけは体重が減るものの、すぐにまた体重が増えてしまうので、意味がありません。1日2回の食事で行うダイエットは、さほど効果の高いものでありません。食事を減らすだけの減量ではなく、基礎代謝の底上げなども意識して体脂肪の燃焼を促進してみてください。何もしなくても体温維持や臓器の機能維持のために消費するカロリーが基礎代謝で、人によって基礎代謝量は違います。基礎代謝が低いと、体内に蓄積されているカロリーを効率良く燃焼させることができません。バランスのいい食事と、適切な食事量を維持することで、基礎代謝を高めることができるとされています。基礎代謝を下げないように配慮しながら食事制限をしなければ、減量効果は表れません。栄養の偏りや1日の運動量などにも気をつけてください。