月別アーカイブ: 2010年8月

水泳ダイエットの効果的な方法

 

ダイエットに水泳をする時に心がける点は何でしょう。水の中での運動は、水泳に限らずともダイエット効果があるという長所があります。水には浮力があるため、水中での運動は陸上に比べて関節にかかる重みが少なく済みます。そのため、腰や膝を痛めている人、体重がある人などでも安心して運動ができます。スポーツクラブに通うのが高いという方は市民プール等の安い施設でも十分にダイエットできるので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。まずは100メートル~200メートルをゆっくりめに泳いでみましょう。疲れたら休憩を入れて体調を整えても構いません。コンディションと合わせて考えながら何セットかを泳ぎます。徐々に長く泳ぐようにしましょう。水泳ダイエットの目安は、週に2回から3回程度です。長く泳げるようになったら、できるだけ休憩を挟まずに一気に泳ぎましょう。体力とも相談しながら数セット行い、どんどん長く泳げるようになっていきます。水泳で効率的に体脂肪を燃焼させるには、事前にアミノ酸を飲んでリパーゼを活性化させましょう。水泳では思った以上に汗をかきやすい運動なので、水分を多めに摂っておくことも重要です。アミノ酸が脂肪分解酵素リパーゼの働きを促進することで、体脂肪が血液中に流れ込み安い状態にできるといいます。タイミングよく水泳ダイエットを行えば、血液中の体脂肪が筋肉に流れてエネルギーとして消費されるのです。アミノ酸の効果をダイエットに最大限に生かすには、水泳ダイエットを始める30分ほど前のタイミングでアミノ酸を摂取してください。ダイエットを成功させるたにめは、食事や生活改善など基本的なことはしながら、どんなダイエットが自分に合うかを考えましょう。水泳ダイエットすることで、今までの自分を省みるようになることも重要なことです。